金山尚裕 医師 (かなやまなおひろ)

俵IVFクリニック

静岡県静岡市駿河区泉町2-20

  • 体質改善外来
  • 浜松医科大学 名誉教授/静岡医療科学専門大学校 学校長

産婦人科 産科 婦人科

専門

ハイリスク妊娠・分娩、冷え不妊など様々な女性の疾患

金山尚裕

金山尚裕医師は、前勤務の浜松医科大学医学部附属病院産婦人科の中心的存在であった。ハイリスク妊娠分娩において、国内でもトップクラスの実績と経験を誇るスペシャリストである。浜松医科大学は羊水塞栓症研究の拠点となっているがその責任者でもあった。またからだに易しい特殊医療機器を用いた検査・治療で患者を厚くサポート。診療においては体質改善の指導も積極的に行い自然治癒力も重視する。様々なアプローチで母子の健康を守る。2009年には、妊娠を望む人や高齢妊婦のためのサプリメント(アルギニン・葉酸ドリンク剤「エンゼルストーク」)を開発。現在は、医療者の養成を精力的に行うほか、女性の冷えは 不妊を始めとする様々な女性の疾患に関連しており、冷えを改善し深部体温を上昇させることが妊娠に繋がることを指摘している。

診療を受けるには

月1回不定期

医師プロフィール

1980年 浜松医科大学医学部卒業、浜松医科大学産婦人科 研修医
1982年 遠州総合病院 勤務
1988年 浜松医科大学大学院医学研究科博士課程修了、浜松医科大学医学部助手
1994年 浜松医科大学医学部 講師
1999年 浜松医科大学医学部 教授
2004年 浜松医科大学医学部附属病院 副院長
2016年 浜松医科大学 理事・副学長
2019年 浜松医科大学医学部附属病院 病院長
2020年 静岡医療科学専門大学校学校長

所属学会

日本産科婦人科学会専門医
日本産婦人科学会代議員、日本産科婦人科学会周産期委員会委員長(2017~2019)、日本周産期新生児医学会理事長(2018~2020)現在同監事、日本分娩研究会理事長、静岡産科婦人科学会長、日本産婦人科新生児血液学会理事など
産科医療補償制度再発防止委員会委員、エコチル調査学術専門委員、AMED成育疾患克服等総合研究事業プログラムオフィサーなどに就任

主な著書

『イラストで学ぶ妊娠・分娩・産褥の生理 改訂2版』改訂2版 (2012年メディカ出版)
『早産-最新の知見と取り扱い』 (2007年メジカルビュー社)
『New consensus 新撰 産婦人科診療』 (2006年 永井書店)
『病気がみえる〈vol.10〉産科』第3版 (2009年メディックメディア)
(更新日:2019年10月20日)

同じ疾病を専門とする医師一覧