浅田義正 医師 (あさだよしまさ)

浅田レディース名古屋駅前クリニック

愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17 名古屋ビルディング3F

  • 婦人科(生殖医療・不妊治療)、泌尿器科
  • 院長

産婦人科 婦人科

専門

生殖医療、不妊治療

浅田義正

浅田義正医師は、高度生殖医療を中心とした診療を行う不妊治療の専門家である。米国最初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精の基礎的研究に従事した経験があることから、顕微授精に関して豊富な経験と実績を持つ。同院では、初めて不妊治療を受ける人や、すでに他施設で体外受精や顕微授精を受けたことのある人など幅広いニーズに対応。全国から多くの患者が訪れている。現在行われているエビデンスのある治療はすべて実施可能であり、不妊に悩む人々の希望の光となっている。

医師プロフィール

1982年3月 名古屋大学医学部 卒業
1988年2月 名古屋大学医学部附属病院産婦人科医員
1992年7月 医学博士号取得
1993年5月 米国最初の体外受精専門施設に留学。The Jones Institute For Reproductive Medicine, Eastern Virginia Medical School, Norfolk, Virginia
1995年1月 名古屋大学医学部附属病院分院
1995年5月 精巣から採取した精子(TESE)を用いたICSIによる日本初の妊娠例の報告
1998年4月 ナカジマクリニック不妊センター開設・勤務
2004年3月 浅田レディースクリニック開院・勤務
2010年8月 浅田レディース名古屋前クリニック開院
(更新日:2014年6月17日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会