堤治 医師 (つつみおさむ)

山王病院

東京都港区赤坂8-10-16

  • リプロダクション・婦人科内視鏡治療部門長
  • 名誉病院長
  • 国際医療福祉大学大学院教授

産婦人科 産科

専門

不妊症、子宮内膜症・子宮筋腫、生殖医療、婦人科内視鏡手術

堤治

堤治医師は東京大学医学部産婦人科教授を経て、2008年4月から山王病院院長に就任。東宮職御用掛として、雅子妃殿下のご出産を担当。生殖医療全般を広く行う国内の不妊治療における専門家であり、なかでも子宮内膜症や子宮筋腫に対する診察と内視鏡手術に多くの症例を持つ。子宮内膜症の治療や環境ホルモンにも詳しい。妊娠・出産の喜びを共有するために分娩にも立ち会うほか、産婦人科全般に関するセカンドオピニオンも行う。自身のホームページやブログで女性に医療に関する情報を発信、講演会を開くなど女性医療の啓発にも力を入れている。著書も多数。

診療を受けるには

完全予約制。混み合ってる場合は30~40分待ち時間あり。紹介状あれば持参。

医師プロフィール

1950年 埼玉県秩父生まれ
1976年 東京大学医学部医学科卒業
1980年 東京大学医学部産科婦人科教室 助手
1983年 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了
1987年 東京大学医学部産科婦人科教室 医局長
1994年 東京大学医学部産科婦人科学教室 助教授
1999年 東京大学医学部附属病院分院産科婦人科講座 教授
2001年 東京大学医学部附属病院産科婦人科学教室 教授
2008年 医療法人財団順和会山王病院 院長・国際医療福祉大学院教授
2021年 医療法人財団順和会山王病院 名誉病院長に就任

所属学会

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本生殖医学会認定生殖医療専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、母体保護法指定医師

医学博士、前山王病院病院長、元東京大学医学部産婦人科教室教授、元東宮職御用掛、前日本受精着床学会理事長、元日本産科婦人科内視鏡学会理事長、元アジア・パシフィック産科婦人科内視鏡学会理事長、産婦人科PRP研究会代表世話人、日本生殖医学会代議員、中日友好病院(北京)名誉教授

主な著書

『入門婦人科腹腔鏡下手術』(1997年メジィカルビュー社)
『安産・新生児大全科』(主婦の友社)
『新版・生殖医療のすべて』(2002年 丸善出版)
『授かる』(2004年 朝日出版社)
『環境生殖学入門』(2005年 朝日出版社)
『女性の病気と腹腔鏡』(2008年かまくら春秋社)
『不妊治療マニュアル』(2010年 金原出版)
『不妊治療マニュアル』(2010年 金原出版)
『治療薬マニュアル2011』(2011年 医学書院)
『マンガでわかる 初めての不妊治療』(2011年 主婦の友社)

医師発信欄

Dr.堤治の世界: http://www.dr-tsutsumi.jp/
(更新日:2021年12月6日)

同じ疾病を専門とする医師一覧