堤治 医師 (つつみおさむ)

山王病院

東京都港区赤坂8-10-16

  • リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター
  • 病院長

産婦人科 産科

専門

不妊症、子宮内膜症・子宮筋腫、生殖医療、婦人科内視鏡手術

堤治

堤治医師は東京大学医学部産婦人科教授を経て、2008年4月から山王病院院長に就任。東宮職御用掛として、雅子妃殿下のご出産を担当。生殖医療全般を広く行う国内の不妊治療における専門家であり、なかでも子宮内膜症や子宮筋腫に対する診察と内視鏡手術に多くの症例を持つ。子宮内膜症の治療や環境ホルモンにも詳しい。妊娠・出産の喜びを共有するために分娩にも立ち会うほか、産婦人科全般に関するセカンドオピニオンも行う。自身のホームページやブログで女性に医療に関する情報を発信、講演会を開くなど女性医療の啓発にも力を入れている。著書も多数。

医師プロフィール

1950年 埼玉県秩父生まれ
1976年 東京大学医学部医学科卒業
1980年 東京大学医学部産科婦人科教室 助手
1983年 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了
1987年 東京大学医学部産科婦人科教室 医局長
1994年 東京大学医学部産科婦人科学教室 助教授
1999年 東京大学医学部附属病院分院産科婦人科講座 教授
2001年 東京大学医学部附属病院産科婦人科学教室 教授
2008年 医療法人財団順和会山王病院 院長・国際医療福祉大学院教授
(更新日:2014年6月17日)