田中温 医師 (たなかあつし)

セントマザー産婦人科医院

福岡県北九州市八幡西区折尾4-9-12

  • 産婦人科
  • 院長

産婦人科 婦人科

専門

不妊症治療・産科・婦人科

田中温

院長の田中温医師は1985年、国内で初めてギフト法(受精前の卵子と精子とを一緒に卵管内に戻す体外受精)による妊娠・出産に成功した、高度生殖医療の第一人者。特に、難治性高齢者不妊(高齢卵子)の治療においての実績があり、不妊症の福音ともいえるさまざまな治療法を確立してきた。無精子症治療をはじめとする、様々な男性不妊症の治療においても精子細胞を用いた顕微授精で継続的な実績をあげており、海外でも高い評価を得ている。現在は晩婚化に伴う卵子の老化を救う為の卵細胞質置換(卵子の若返り法)を、臨床への応用を目指して研究を続けている。

医師プロフィール

1976年3月 順天堂大学医学部 卒業
1976年4月 順天堂大学医学部産婦人科教室 入局
1978年4月 順天堂大学医学部産婦人科大学院 入学
1982年4月 順天堂大学医学部第一病理学教室 入局
1983年7月 越谷市立病院産婦人科 医長
1990年4月 セントマザー産婦人科医院 院長
(更新日:2014年6月17日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会