森本義晴 医師 (もりもとよしはる)

HORACグランフロント大阪クリニック

大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB15F

  • IVF JAPAN CEO 理事長 院長

産婦人科 婦人科

専門

不妊症、体外受精、顕微授精、不育症、男性不妊

森本義晴

森本義晴医師は、アジア太平洋生殖医学会の理事長を務めるなど、国際的な視野を持つ不妊治療のエキスパート。豊富な経験から編み出された独自の体外受精プログラムを用い「出来るだけ自然に近い形で無理せず治療すること」を大切にしている。また、西洋医学と代替医療を組み合わせた総合医療を提唱。二段階胚移植や胚盤胞移植など、世界最先端の特殊不妊治療に積極的に取り組み成果をあげる一方、受胎気功や心のケアにも力を入れ、女性の心と体を総合的に妊娠しやすい状態に整えていく。また、2014年12月に生殖、アンチエイジングと医療観光を目的とした新施設「HORACグランフロント大阪クリニック」を開院。

診療内容

不妊治療は近年急速な進歩を遂げ、以前では妊娠が不可能であったケースでも治療が可能となったが、高齢化による胚の質の低下などの問題が残っている。森本医師は、あらゆる細胞において存在するミトコンドリアに注目し、活性化させることで発生するエネルギーによって卵子を成熟させ着床させる研究に力を入れている。

森本医師が2014年に設立した世界最大規模の不妊専門病院、HORACグランフロント大阪クリニック。同クリニックでは、他の施設で体外受精・顕微授精を実施したにも関わらず、妊娠に至らなかった患者に対し、IVF JAPAN独自の救済プログラム(卵子獲得プログラム、胚質向上プログラム、着床改善プログラム)を実施し、一人一人のケースに応じてプランを組み立てている。

西洋医学と代替医療を組み合わせた統合医療を提唱する森本医師。患者は不妊補助治療として受胎気功、ファータイルストレッチ、アロマトリートメント、受胎鍼、足つぼマッサージ、レーザー治療などを受けることができる。
不妊にはさまざまな原因が含まれるが、身体の器官の一つ一つの不調を対処的に治すのではなく、「まずは患者さん自身に心身ともにベストな調子を取り戻していただいてから、ホリスティック、つまり細部にとらわれずに「全人的」に不妊状態に対処していくのがこのクリニックのねらいです」(森本医師)

医師プロフィール

1977年 関西医科大学卒業
1983年 同大学院 医学研究科修了
1987年 関西医科大学医学博士 授与
1977年 関西医科大学附属病院
1982年 関西医科大学附属病院産婦人科
1983年 医療法人三世会森本病院 院長
1987年 河内総合病院不妊センター設立
1990年 森本記念健診クリニック 院長
1998年 IVF大阪クリニック設立、院長
1999年 医療法人三慧会設立、理事長
2003年 IVFなんばクリニック設立、院長
2005年 IVF JAPANを登録 CEO就任
2014年 HORACグランフロント大阪クリニック設立 院長