河野雄平 医師 (かわのゆうへい)

杉循環器科内科病院

福岡県大牟田市大字田隈950-1

  • 循環器内科・内科
  • 帝京大学福岡医療技術学部教授 医療技術学科長

腎臓内科 内科 循環器科

専門

高血圧、腎臓病、循環器病。特に高血圧の薬物および非薬物治療、血圧変動、血圧の神経性調節

河野雄平

「高血圧はありふれた病気ですが、循環器病の最大の危険因子であり、適切な診断と治療は重要です」と話す河野雄平医師。日本高血圧学会の理事や減塩委員会委員長を務め、国内の高血圧治療を牽引する存在である。以前勤務していた、国立循環器病研究センター生活習慣病部門の高血圧・腎臓科は、家庭血圧や24時間血圧を取り入れた診療を行う日本の代表的な施設のひとつであり、二次性高血圧や重症高血圧の診療にも多くの経験を有する。また、降圧薬や非薬物療法(体重減量、食塩制限、運動など)が血圧や心臓血管に及ぼす影響などの臨床研究も実施してきた。2013年10月に、第36回日本高血圧学会総会の会長として大阪で学会を開催した。
現在は、帝京大学福岡医療技術学部の教授で医療技術学科長として学生への教育、指導を行っており、福岡県大牟田市の杉循環器科内科病院で、毎週月曜の午後に外来(循環器科)を担当している。

診療を受けるには

外来診察日は、月曜の午後

医師プロフィール

1974年3月 九州大学医学部 卒業
1974年4月 九州大学医学部第2内科入局
1976年4月 九州大学医学部第2内科医員(高血圧研究室所属)
1981年7月 九州大学医学部第2内科助手(高血圧研究室所属)
1982年2月 米国クリーブランドクリニック心血管研究部門研究員
1985年4月 国立循環器病センター内科高血圧腎臓部門医員
1987年4月 国立循環器病センター内科高血圧腎臓部門医長
2001年1月 国立循環器病センター内科高血圧腎臓部門 部長
2010年4月 独立行政法人国立循環器病研究センター生活習慣病部門長、高血圧・腎臓科部長
2015年4月 帝京大学福岡医療技術学部 医療技術学科長/教授(内科学)

(併任)
2015年~ 杉循環器科内科病院 循環器科非常勤医師

所属学会

医学博士、日本高血圧学会(名誉会員,専門医,指導医,2013年会長)、日本未病学会(名誉会員,2014年会長)、日本腎臓学会(功労会員,専門医,指導医)、日本内科学会(認定医,指導医)、日本心血管内分泌代謝学会(功労会員)、日本循環器学会(専門医,指導医)、アメリカ心臓協会 (AHA,高血圧部会評議員)、国際高血圧学会 (ISH)、国際腎臓学会(ISN、名誉会員)

主な著書

『二次性高血圧、薬局 2018年04月号増刊 特集 病気とくすり2018』(2018年 南山堂)
『高血圧 無理なく、自分で下げる (別冊NHKきょうの健康)』(2015年/10 NHK出版)
『食塩と高血圧と循環器病、知っておきたい循環器病あれこれ110』(2015年 循環器病研究振興財団)
『治療抵抗性高血圧』(2020年 診断と治療)
『高血圧治療ガイドライン2019』(2019年 日本高血圧学会)
(更新日:2020年12月14日)

同じ疾病を専門とする医師一覧