岡田弘 医師 (おかだひろし)

獨協医科大学埼玉医療センター

埼玉県越谷市南越谷2-1-50

  • 泌尿器科
  • 院長
  • 主任教授

泌尿器科

専門

男性不妊、尿路性器がん、尿路感染症、排尿機能

岡田弘

岡田弘医師は、30年以上にわたり最前線で男性不妊治療を行っているスペシャリストである。
特に無精子症に対する最先端治療であるMD-TESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)において、日本で最も症例数が多い。MD-TESEは、精子が存在する精細管を5ミリグラム程度採取するのだが、技術と経験がないと精子のいる場所を特定するのは難しい。岡田医師は、精子の場所を的確に見つけることができ、その手法を若い医師にも教育している。また「射精障害」など現代に特有の男性不妊症のパイオニアでもある。Webサイト『男性不妊バイブル』では、岡田医師自らがブログで様々な情報を発信している。

医師プロフィール

1980年3月 神戸大学医学部医学科卒業
1985年3月 神戸大学大学院医学研究科博士課程修了
1980年7月 神戸大学医学部附属病院研修医(泌尿器科)
1985年4月 医誠会冨士原病院 泌尿器科医長
1985年7月 神戸大学医学部附属病院助手(泌尿器科) Research Fellow, Department of Urology, Department of Microbiology and Immunology, New York Medical Collegeも併任(1985年10月~1987年10月)
1989年1月 三木市立三木市民病院 泌尿器科主任医長
1991年8月 神戸大学医学部附属病院助手(泌尿器科)
1992年4月 神戸大学医学部附属病院講師(泌尿器科)
2002年8月 神戸大学医学部助教授(泌尿器科)
2003年10月 帝京大学医学部泌尿器科助教授
2007年4月 獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授
2018年4月 獨協医科大学埼玉医療センター 病院長
(更新日:2018年10月8日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会