増田裕 医師 (ますだひろし)

藍野病院

大阪府茨木市高田町11-18

  • 泌尿器科
  • 部長

泌尿器科

専門

男性不妊、前立腺肥大症

増田裕

増田裕医師は、2001年から大阪医科大学不妊グループのリーダーとなり、2009年より非閉塞性無精子症の人を対象にmicro-TESE(マイクロテセ)」(顕微鏡下精巣内精子採取術)手術も行っている 。2012年に生殖医療専門医を取得している。日本で45人しかいない、生殖医療専門医と泌尿器科専門医の両方を持つ男性不妊治療のエキスパートである。他、前立腺肥大症の治療も得意としソフト凝固を用いた2泊3日の経尿道的前立腺切除術を行っている。

医師プロフィール

1993年 大阪医科大学 卒業
1994年 枚方市民病院
1997年 大阪医科大学大学院医学研究科博士課程に入学(泌尿器科科学専攻)、泌尿器科専門医取得
2001年 大阪医科大学不妊外来担当
2002年 枚方市民病院 泌尿器科副部長
2005年 藍野病院 泌尿器科部長、大阪医科大学泌尿器科 非常勤講師

所属学会

Society for Vascular Surgery, Fellow of American College of Surgeons (FACS)、International Society for Vascular Surgery、European Society for Vascular Surgery ほか

主な著書

『血管外科 基本手技アトラス』(2007年9月 南山堂) amazonでみる ⇒
(更新日:2014年6月16日)