松田公志 医師 (まつだただし)

関西医科大学附属病院

大阪府枚方市新町2-3-1

  • 腎泌尿器外科
  • 診療部長 教授

泌尿器科 外科

専門

男性更年期障害(LOH症候群)、男性不妊症、泌尿器腹腔鏡手術、ロボット支援手術、ED(性機能障害)、副腎腫瘍

松田公志

関西医科大学附属病院の腎泌尿器外科は、日本で腹腔鏡手術を始めた泌尿器科の一つとして有名であり、同科で教授を務める松田公志医師は泌尿器腹腔鏡手術・ロボット支援手術のスペシャリストである。「がん」や「結石」のほか、副腎腫瘍、男性不妊症、更年期障害、性機能障害(ED)など、男性学というべき領域の病気も診断、治療を行っている。精液検査を行えるスペースを外来診察室に確保するなどプライバシーに配慮した診察・治療には定評があり、患者の信頼を得ている。
1990年2月から腹腔鏡手術を開始し、保険診療可能なほぼすべての手術に対し行っている。前立腺全摘除術(100%ダ・ビンチSiを用いたロボット支援手術)、根治的腎摘除術(90%腹腔鏡)、ドナー腎採取術(単孔式腹腔鏡手術で100%)、腎部分切除術(ロボット支援手術で90%)など、全身麻酔で行うメジャーな手術の80%は腹腔鏡またはロボット支援手術である。また、腹腔鏡手術の技術解析、トレーニング、シミュレーションなどの研究も行っている。また、日本内分泌外科学会の理事長の経験もあり、副腎腫瘍(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など)の診断と治療に多くの経験を持っている。

医師プロフィール

1978年3月 京都大学医学部 卒業
1986年11月 京都大学医学部助手
1991年9月 関西医科大学助教授
1995年6月 関西医科大学教授 腎泌尿器外科診療部長
2010年4月 関西医科大学枚方病院副病院長
2012年4月 関西医科大学副学長
2015年4月 学校法人関西医科大学理事・評議員
2016年4月 関西医科大学附属病院に改名
(更新日:2019年9月30日)