永尾光一 医師 (ながおこういち)

東邦大学医療センター大森病院

東京都大田区大森西6-11-1

  • リプロダクションセンター(泌尿器科)
  • センター長

泌尿器科 小児科

専門

泌尿器形成手術、小児泌尿器奇形、性機能障害、男性不妊症

永尾光一

永尾光一医師は、昭和大学で形成外科学を8年間専攻、その後、東邦大学で泌尿器科学を専攻。両方の診療科部長を経験し、二つの基本領域専門医を取得した。マイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域(主に陰茎・陰嚢)の形成外科的手術を得意とする。医師歴26年のうち、形成外科8年、泌尿器科21年という異色の経歴を生かした高度なテクニックには定評がある。また、東邦大学は「プロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射療法」のパイオニアとしても知られている。

診療内容

同センターは1981年に開設した当時、男女総合の生殖医療を担当する診療科としては日本初だった。現在、同センター泌尿器科部門の診療内容は、男性不妊症、性機能障害、その他陰茎陰嚢手術を行っている。
EDの治療法としてよく行なわれている陰茎注射は以前、パパベリンが使用されていたが、持続勃起症や陰茎海綿体内の線維化をおこし勃起障害を悪化させる副作用が多くあった。そこで東邦大学石井教授が世界で初めて血管拡張薬としてプロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射を行った。プロスタグランジンE1は副作用も少なく、その後すぐに世界中の国々で認められた。しかし、皮肉なことに日本だけは認可されていないのが現状だ。日本性機能学会では厚生労働省に認可を働きかける一方、自主研究という名目でそれぞれの病院の倫理委員会を通して積極的にプロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射療法を行なっている。こうした経緯もあり、東邦大学は国内では同僚法のパイオニア的な存在だ。ただし、永尾医師は「この療法は患者と医師の自己責任で行なわなければならない」ことに注意が必要だとしている。
「プロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射などは安全で、有効率も70%と専門医が認めている。そうした薬を使い、EDを治すことができるにも関らず病院に来る人は5%にもならない。勃起障害は、重大な病。残りの人生を豊かなものにするためにもとにかく病院に相談に来てほしい」と永尾医師は訴えている。

医師プロフィール

1988年 昭和大学医学部大学院 卒業
1990年 川崎病院 部長
1992年 東邦大学病院
1997年 博慈会記念総合病院 部長
1999年 東邦大学医学部講師
2007年 同准教授、北京大学客員 教授
2009年~ 現職