永尾光一 医師 (ながおこういち)

東邦大学医療センター大森病院

東京都大田区大森西6-11-1

  • リプロダクションセンター(泌尿器科)
  • センター長

泌尿器科 小児科

専門

泌尿器形成手術、小児泌尿器奇形、性機能障害、男性不妊症

永尾光一

永尾光一医師は、昭和大学で形成外科学を8年間専攻、その後、東邦大学で泌尿器科学を専攻。両方の診療科部長を経験し、二つの基本領域専門医を取得した。マイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域(主に陰茎・陰嚢)の形成外科的手術を得意とする。医師歴26年のうち、形成外科8年、泌尿器科21年という異色の経歴を生かした高度なテクニックには定評がある。また、東邦大学は「プロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射療法」のパイオニアとしても知られている。

医師プロフィール

1988年 昭和大学医学部大学院 卒業
1990年 川崎病院 部長
1992年 東邦大学病院
1997年 博慈会記念総合病院 部長
1999年 東邦大学医学部講師
2007年 同准教授、北京大学客員 教授
2009年~ 現職
(更新日:2014年6月16日)