卵巣出血〔らんそうしゅっけつ〕

 器質的な異常を伴わずに卵巣から起こる病的な出血を卵巣出血といいます。排卵の際に少量出血をすることがありますが、なかなか止血せずに多量になることがあります。また、排卵後の黄体(おうたい)から出血する黄体出血も卵巣出血に含まれます。卵巣出血は激しい性交渉などによる機械的刺激が原因となることもありますが、自然に起こることもあります。
 症状は貧血や、おなかの中にたまった血液の刺激による腹痛があります。超音波(エコー)検査所見、MRI(磁気共鳴画像法)検査、内診、血液検査などで診断します。程度の軽いものについては経過観察でかまいませんが、出血量が多い場合には、腹腔(ふくくう)鏡手術や開腹手術により止血することが必要です。
 卵巣出血とは別に、排卵の前後に出血が起こる「排卵期出血(中間期出血)」というものがあります。これは排卵時の女性ホルモンの影響で、少量の性器出血が起こるもので、病気ではありません。
医師を探す