高安動脈炎〔たかやすどうみゃくえん〕

[症状]
 20歳代の女性に多く、片側または両側の橈骨(とうこつ)動脈(手くびのところ)の脈を触れないことが、よくあります。これは、その動脈が大動脈から分かれたところで、炎症のために極端に狭くなっているためで、同様のことは腹部大動脈にも、頭へ行く動脈にも、腎臓へ行く動脈にも起こります。眼底に特徴のある変化(花環状吻合)がみとめられることがあります。高血圧が起こったり、大動脈弁の閉鎖不全が起こることもあります。
 病気の原因はまだはっきりしませんが、大動脈壁になんらかの免疫反応に伴う炎症があることは確かで、ある年齢までは多少とも進む性質をもっているようです。国が指定する難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)になっています。

[治療]
 副腎皮質ステロイド薬、そのほか免疫抑制薬や生物学的製剤などを併用してまず、病気の進行をとめます。また、急性心筋梗塞や脳卒中などの予防に、禁忌がなければアスピリンなど抗炎症薬の内服が望ましいです。閉塞性病変や大動脈瘤、大動脈弁閉鎖不全などがあれば、外科的に治療することもあります。
医師を探す

厚労省記者クラブから

2018/10/23
MLX遺伝子のー塩基変具が高安動脈炎の悪化の原因となる分子メカニズムを解R

東京医科歯科大学

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会