脈なし病(高安病、大動脈炎症候群)〔みゃくなしびょう(たかやすびょう、だいどうみゃくえんしょうこうぐん)〕

[症状]
 20歳代の女性に多く、片側または両側の橈骨(とうこつ)動脈(手くびのところ)の脈を触れないことが、よくあります。これは、その動脈が大動脈から分かれたところで、炎症のために極端に狭くなっているためで、同様のことは腹部大動脈にも、頭へ行く動脈にも、腎臓へ行く動脈にも起こります。眼底に特徴のある変化(花環状吻合)がみとめられることがあります。高血圧が起こったり、大動脈弁の閉鎖不全が起こることもあります。
 病気の原因はまだはっきりしませんが、大動脈壁になんらかの免疫反応に伴う炎症があることは確かで、ある年齢までは多少とも進む性質をもっているようです。国の特定疾患治療研究事業対象疾患(難病)に指定されています。

[治療]
 副腎皮質ステロイド薬、そのほかアスピリンなど抗炎症薬を使ってまず病気の進行をとめます。また、頸(けい)動脈の閉塞や大動脈瘤、大動脈弁閉鎖不全などがあれば、外科的に治療することもあります。
医師を探す