閉塞性動脈硬化症(ASO)〔へいそくせいどうみゃくこうかしょう(えーえすおー)〕

[症状]
 動脈硬化でも閉塞性血栓性血管炎と同じような症状が起こりますが、この場合は閉塞性末梢動脈硬化症と呼ばれ、50歳以上の男性に多い病気です。糖尿病が合併しても足指の一部に壊死(えし)が起こることがあります。最近では、ビュルガー病などとともに末梢動脈疾患(PAD)の一つとしてとらえられています。
 はじめ、つまった血管のある足が冷たくなり、歩くと痛み、しばらく休むとおさまる“間欠性跛行(かんけつせいはこう)”を呈し、さらに進むと、その足が白くなったり、チアノーゼが出たりして、足の脈拍が触れにくくなります。最終的には栄養がわるくなり、くさってきます(脱疽〈だっそ〉)。
 この状態では静かにしていても痛みが起こります。すこしの傷も治りにくく、また脱毛や爪の変形が起こります。病気の進行がとまると、ほかの血管からわき道(側副血行路〈そくふくけっこうろ〉)が通じて、またよくなることもあります。診断は上下肢血圧比(ABI)でもおこなえます。動脈硬化性の末梢動脈閉塞では虚血性心疾患を合併することが多いので、心臓の検査を受ける必要があります。症状がどの段階まで進んでいるかのめやすとして、フォンタン分類(Ⅰ~Ⅳ度)がよく使われます。


[治療]
 歩行距離が数百メートル以上で症状が軽いうちは、痛みが出現するまで下肢の運動をおこなうことによって側副血行路ができるようにつとめます。薬物療法は補助的に使われます。
 薬物療法のみで満足できる改善が得られるのは軽症の場合のみで、歩行距離が200m以下にいちじるしく制限されているときや、安静時にも疼痛(とうつう)などの阻血症状があったり、潰瘍、壊死が合併している場合などは、手術療法によって血管バイパス術を受けることになります。壊死が進んでいる場合は足肢の切断を余儀なくされます。
 手術療法以外、あるいはそれに並行して、血管を収縮させる交換神経をブロックしたり、カテーテルによってバルーンでひろげたり、ステントを入れたりすることもあります。
医師を探す