治療・予防

高度肥満症に「腹腔鏡下スリーブ状胃切除術」
食べる量減らし減量促す(兵庫医科大学病院上部消化管外科 倉橋康典講師)

 胃の一部を切除して胃を小さくし、食べる量を減らして減量を促す「腹腔(ふくくう)鏡下スリーブ状胃切除術」が高度肥満症の治療として行われている。兵庫医科大学病院(兵庫県西宮市)上部消化管外科の倉橋康典講師に聞いた。

腹腔鏡下スリーブ状胃切除術は高度肥満症の治療で実施される

 ▽保険診療の肥満治療

 高度肥満症は、体格指数(BMI)が35以上で、糖尿病、脂質異常症、心臓や脳の血管性疾患、脂肪肝、月経異常、睡眠時無呼吸症候群などの健康障害があるか、内臓脂肪型肥満と診断された場合を指す。治療は食事療法、運動療法、薬物療法が中心となるが、一時的に体重が減少してもリバウンドを繰り返すケースが少なくない。

 「2000年代に日本で腹腔鏡下での肥満手術が行われるようになり、06年には『肥満症治療ガイドライン』が発表されました。10年に腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が先進医療として承認され、14年には保険診療となっています」と倉橋講師は説明する。

 ▽減量、健康障害も改善

 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術では、腹腔鏡を使用して胃を80%程度切除し、胃の容量を約100ミリリットルにする。全身麻酔下で行われ、所要時間は2~4時間。感染症や縫合部の不具合などがなければ、1週間ほどで退院となる。術後は、運動・食事・行動療法や血圧・血糖のコントロールを継続するため、合併する疾患に合わせて1~3カ月に1回程度、定期的な受診が必要になる。

 術後1年ほどで、術前と比較して25~35%の減量に至る。さらに、肥満が原因と思われる糖尿病などの改善にもつながるという。しかし、リバウンドによって術後の最低体重より15%以上増加してしまう人も、25~35%存在する。

 手術を受ける場合は、数カ月~半年前から減量を開始する。術後の目標体重を設定し、手術前に体重の5~8%を減らす。また、術前に1~2週間入院し、最終的な体重の調整を行う。「術前から減量を行い、意識と生活の改善を行います。術前にしっかりした食習慣ができていないと、だらだら食いによりリバウンドしたり、過食により小さくなった胃に負担がかかったりします」

 手術の目的は、肥満に合併する病気の治療や予防だ。「減量手術は、痩せようとする患者さんの背中を押し、術後の食事療法や運動療法に積極的に取り組んでいただくための第1段階で、術後も努力を続けることが必要です。手術は『減量とおさらばするための治療』ではなく、『その後一生続く“太らない意識・痩せる努力″を継続しやすい体につくり替える治療』なのです」と倉橋講師は話している。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

【関連記事】

がん、認知症の原因に 肥満症を甘く見ないで

チームで支える高度肥満治療 心理面の理解も重要

子どもの肥満、幼児期から対策を 心筋梗塞や糖尿病のリスクに

天皇陛下の執刀医―天野篤氏(第1回)手先器用なプラモ好き =実家は燃料店、教育熱心な母
急な受診でも慌てない「通院セット」を作っておこう(外科医・山本健人)

新着トピックス