インタビュー

肥満症、笠間和典医師に聞く(上)=減量外科手術、糖尿病にも期待

 肥満症は生活習慣病の大きな要因の一つで、解消すればさまざまな病気の改善が期待できる。治療は食事療法と運動療法がメインだが、体質的な側面もある。一度増えた体重を落とすのは難しく、ダイエットで一時的に痩せてもリバウンドを繰り返す人は多い。そこで注目されるのが減量外科手術。糖尿病改善の効果も期待されるという。国内の減量外科手術のパイオニア「四谷メディカルキューブ」(東京都千代田区)の笠間和典医師に聞いた。

 ◇BMI25以上

 ―肥満体形の人はよく見掛けますが、肥満症はどのような病気ですか。
 笠間 肥満と肥満症は医学的には区別されます。肥満は太っていることを意味しますが、肥満症は太っていることに付随して、何らかの健康障害(合併症)を有している状態を言います。世界保健機構(WHO)は、体格指数(BMI)が30以上の場合に肥満と定義していますが、日本は25以上を肥満としています。

 肥満は摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで起きます。単純に食べ過ぎの場合もあれば、同じものを同じだけ食べても太る人がいます。つまり、生まれ持った遺伝子や腸内細菌が深く関係して太りやすい体質の人がいるわけです。食べることは人間の本質に立脚しています。ある程度太ってしまうと、ダイエットで一時的に痩せてもリバウンドする人が多く、自力で痩せるのは簡単ではありません。
 肥満は世界的に増えていて、肥満症が原因で病気が悪化し死亡する人が激増しています。米国人だけでも年間40万人以上が命を落としています。

新着ピックアップ