治療・予防

大人で頻繁、大量の鼻血は注意
深刻な原因が潜んでいることも

 鼻血は子どもに多く、大人になるとあまり出なくなる。大人になってから大量に出血し、週に何度も繰り返す場合には注意が必要だ。東京大学医学部耳鼻咽喉科教室(東京都文京区)の近藤健二准教授に、鼻血の原因や対処法などについて聞いた。

 ◇鼻血の原因とは?

 鼻の穴は左右の空間が仕切りの壁(鼻中隔)で分けられている。鼻の穴から2センチほど奥の鼻中隔粘膜に「キーゼルバッハ部位」と呼ばれる血管が集中した箇所がある。鼻の入り口から近く、刺激に弱く乾燥しがちなため出血しやすい。

 「特に子どもが鼻をいじったり、強くはなをかんだりすると出血することが多く、毎日のように鼻血を出す子もいますが、少量なら心配ありません」と近藤准教授。チョコレートなどの食べ過ぎによる鼻血には医学的な根拠は無く、興奮して血圧が上がっただけで鼻血が出ることもないという。

 ティッシュを鼻に詰める処置は、取り出すときに、傷をふさいでいた血のりが取れて再び出血しやすいため避けた方がいい。鼻血が出たら、軽く顎を引いて鼻を両側からつまみ、5~10分間圧迫して止血する。このとき、口に流れ込んだ血液は吐き出すこと。

 「上を向いて鼻をつまむと、血液を飲み込んでしまいます。血液自体に害はありませんが、大量に胃に入って刺激されると嘔吐(おうと)することがあります。高齢者の場合は、固まった血液が喉に詰まる恐れもあります」と近藤准教授は話す。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ