「海に挑むヨットマン 」 白石康次郎 海洋冒険家|一流の流儀

  • 第2回以降の記事は会員限定です(無料)。ログインすると続きをお読みいただけます。

  • 2018/10/23 06:30

    (第2回)ヨットを襲う高波
    マストの高さはビル9階

    係留中の「スピリット・オブ・ユーコーⅣ」のマスト 単独無寄港無補給世界一周ヨットレース「第8回ヴァンデ・グローブ」にアジア人とした初めて参加した白石康次郎さんの「スピリット・オブ・ユーコーⅣ」号は、スタートしてから1カ月後、突然マ…

    (第2回)ヨットを襲う高波
マストの高さはビル9階
  • 2018/10/30 12:52

    (第3回)「俺についてこい」
    伝説のヨットマンに弟子入り

     「スピリット・オブ・ユーコーⅣ」は、ヴァンデ・グローブのレースを戦った白石康次郎さんのヨットの名だ。「ユーコー」とは、白石さんが高校生の時に弟子入りした故多田雄幸さんを指す。「多田雄幸の精神を受け継いだ4代目のヨット」という意…

    (第3回)「俺についてこい」
伝説のヨットマンに弟子入り
  • 2018/11/06 06:00

    (第4回)師へのあふれる思い
    海の楽しさ、厳しさ

     水産高校では海で生きる厳しさを、多田雄幸さんからは海の楽しさを学んだ。 水産高校の教師にはよく頭をたたかれたという。「でも海の上では、ちょっとしたことがけがや、時には生死を分ける事態につながるのです。ですから、理詰めで教えられ…

    (第4回)師へのあふれる思い
海の楽しさ、厳しさ
  • 2018/11/13 06:00

    (第5回)26歳、単独世界1周
    父と恩人に支えられ

     白石康次郎さんは、周りの人たちが放っておけなくなる人物だ。危険を冒しても挑戦する姿や、目標に向かうひたむきさに心を打たれるからだろうか。白石さんは多くの人の支えに感謝する。その中でも、ある2人への思いは特別だ。 ◇師匠の愛艇が…

    (第5回)26歳、単独世界1周
父と恩人に支えられ
  • 2018/11/20 06:10

    (第6回)哲学はいつも機嫌良く
    平常心の大切さ

     白石康次郎さんのイメージは、いつも明るく元気で前向きな人だ。妻の海夕希さんは「一緒にいて飽きないですよ」と言う。それが根っからのキャラクターであることは間違いなさそうだ。その白石さんは「冒険家として、常に自分の機嫌を良くしてお…

    (第6回)哲学はいつも機嫌良く
平常心の大切さ
  • 2018/11/27 06:00

    (第7回)死と隣り合わせのレース
    居合道から学ぶ

     白石康次郎さんが、居合道無双直伝英信流の鷲尾謙信氏の下で修行を始めてから10年がたつ。現在は4段の腕前だという。居合道は戦国時代に考案された刀術だ。危機に臨み、とっさの状況にあっても、一瞬にして勝ちを収める刀の使い方と体の動か…

    (第7回)死と隣り合わせのレース
居合道から学ぶ
  • 2018/12/04 06:00

    (第8回)スポンサー現れる
    20年、再挑戦の舞台に

     現実的な話になるが、ヨットレースには大変金がかかる。4年に1度開催される世界最高峰のヨットレース「ヴァンデ・グローブ」を、白石康次郎さんは資金不足から2回断念せざるを得なかった。勝つために新艇を造ろうとすれば、3億円は必要にな…

    (第8回)スポンサー現れる
20年、再挑戦の舞台に
  • 2018/12/11 06:00

    (第9回)ヨットマンも船酔いに
    オレンジジュースでしのぐ

     ヨットレースにはアスリートとシステムエンジニア、両者の実力が必須だとされる。単独レースに出場するとなれば、なおさらだ。白石康次郎さんは身長181センチで、精悍(せいかん)な風貌をしている。大型ヨットを一人で操るだけに、腕は太い…

    (第9回)ヨットマンも船酔いに
オレンジジュースでしのぐ
  • 2018/12/18 06:10

    (第10回)新艇で優勝目指す
    日本での認知度高めたい

     2020年の日本は東京オリンピック・パラリンピックに沸くだろう。白石康次郎さんにとっての20年は、「海のエベレスト」と呼ばれる単独無寄港無補給の世界最高峰レース第9回「ヴァンデ・グローブ」に再びチャレンジする大切な年になる。その…

    (第10回)新艇で優勝目指す
日本での認知度高めたい
  • 2018/12/25 06:00

    (第11回)海に魅せられて 
    夢を諦めない

     白石康次郎さんが26歳で単独無寄港世界一周の最年少記録をつくった頃、記者は神奈川県に彼を訪ねたことがある。その時に「海はどんな匂いがするか、知っていますか?」と聞かれたことが印象的だった。「磯の香りって言いますけれど…」と答え…

    (第11回)海に魅せられて 
夢を諦めない
  • 2019/01/01 06:00

    (第12回)冒険の楽しさ教える
    子どもの教育にも熱心

     白石康次郎さんは、自らの冒険だけでなく、次代を担う青少年の育成にも熱心に取り組んできた。2016年の「ヴァンデ・グローブ」のレースに使用した「スピリット・オブ・ユーコーⅣ」を頑張って日本に運んだ。17年と18年の夏は同艇を日本…

    (第12回)冒険の楽しさ教える
子どもの教育にも熱心
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会