野原修 医師 (のはらおさむ)

野原耳鼻咽喉科医院

東京都足立区千住旭町39-11

  • 院長

耳鼻咽喉科 アレルギー科

専門

鼻アレルギー・花粉症・副鼻腔炎

野原修

耳鼻咽喉科領域全般の診療を行っており、特に鼻アレルギー・花粉症・副鼻腔炎の治療に力を入れている。これらの診療においては、薬剤による治療のみならず、手術治療あるいは免疫療法(減感作療法)などを症状のタイプや重症度に応じて積極的に行い、患者の希望やライフスタイルも考慮してQOLの向上に努めている。同院は1961年開設以来、先代院長より数えて50年以上にわたりこの地で診療にあたっており、安心して受診できる地域密着型の医院として貢献している。

診療内容

耳鼻咽喉科(みみ・はな・のど)領域全般にわたり診療しているが、特に鼻アレルギー・花粉症に対しては、診療ガイドラインに基づいた薬物療法や原因アレルゲンに合わせた適切な生活指導とともに、アレルゲン免疫療法や手術療法も実施している。
薬物療法については、一般的には抗ヒスタミン薬が最も使用されているが、現在では治療薬のバリエーションが増え、症状のタイプや重症度、副症状の出やすさなど、個々の状況に応じた処方が可能となってきているのが現状である。
また、免疫療法では従来の皮下注射による方法に加えて、現在ではスギ花粉症およびダニの舌下免疫療法が可能となっている。
「薬物療法、免疫療法のいずれにおいても鼻アレルギー治療の選択肢は広がっています」(野原医師)
これらにより、鼻アレルギーの治療効果がより高まることが期待されているという。

医師プロフィール

1988年 東京慈恵会医科大学卒業
1991年 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科助手
1997年 学位(医学博士)取得
1997~1999年 カナダアルバータ大学医学部肺疾患研究所に留学
2000年 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科講師
2003年 同愛記念病院耳鼻咽喉科部長
2006年 同上退職
2007年 野原耳鼻咽喉科医院院長、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科非常勤講師として、現在に至る