久保伸夫 医師 (くぼのぶお)

ザ・北浜タワー耳鼻咽喉科皮膚科クリニック

大阪府大阪市中央区高麗橋1-7-3 ザ・北浜プラザ3F

  • 耳鼻咽喉科  アレルギー科
  • 顧問

アレルギー科 耳鼻咽喉科

専門

花粉症 副鼻腔炎

久保伸夫

久保伸夫医師は、多数の内視鏡手術の臨床経験を行ってきた「鼻の専門医」。アレルギー性鼻炎や蓄膿症、睡眠障害などの治療を得意とし、最近はアンチエージングや幹細胞医療の研究・治療を行う。アレルギーや花粉症でも有名な久保医師、花粉のシーズンになると花粉と一緒に全国を飛び回っていると言う。TVや雑誌、Webなどメディアで、花粉症の取材も沢山受けている。また、久保医師は患者とのコミュニケーションを大切にした診療を心がけており、その温かな人柄にひかれて訪れる患者も多い。

診療内容

久保医師は、鼻の治療全般が専門、関西医大耳鼻咽喉科でアレルギー性鼻炎の病態や抗ヒスタミン薬の作用機序の研究、レーザー治療の臨床的理論的な確立を行い、1990年に留学から帰国後、内視鏡による蓄膿症やアレルギー鼻炎の手術を開発。今日では全身麻酔の進歩もあり日帰り手術で可能となる。北浜クリニックだけ全身麻酔下日帰り手術として内視鏡手術と外鼻形成手術などを行なっている。医療用立体形状マスクの開発やセルフケア用品も行っている。
今や、国民の3人に1人が花粉症といわれる時代。鼻に直接治療する方法で、最近よく知られるのが、レーザー治療である。花粉症に対するレーザー治療のメリットは、シーズン中に通院しなくてもよい、薬を飲まなくてよい可能性が高い、とくに鼻づまりに有効性が高いなどである。レーザー治療は痛みなど伴わず、出血もない。また、わずか10分程度で終了することから患者への負担も少ない。デメリットは、重症な場合は有効性に欠ける、効果はワンシーズンのみ、花粉の飛散量が多いと効果が落ちるなどが挙げられる。
現在、最も普及しているレーザー治療は「炭酸ガスレーザー」を照射する方法だ。「レーザーで粘膜の表面だけを蒸散させます。粘膜をひと皮むいた状態をイメージしてください」(久保医師)
その後は2~3週間で、照射した部分の下から固い細胞が出てくるため、花粉が付着しても反応しにくくなるという仕組み。外来で簡単にできるという。
「レーザー治療は花粉の飛散量の影響を受けやすいことをご理解ください」(久保医師)
レーザー治療は、花粉症の薬が効く人には有効に働くが、薬の効かない重症には効果が少ないと言われている。仕事やプライベートで忙しく通院できない人や薬の眠気などの(副作用)に困っている人に向いている治療法である。その有効率は80%とも言われているが、重症例ではその半分程度。粘膜は3カ月ぐらいで元に戻ってくる。このため効果持続は約3か月。つまりワンシーズンごとの治療が必要となる。
これらの治療が無効な場合は、通常通年性アレルギーに行われている手術が症状に応じて適応になる。鼻づまりには、腫れている粘膜を内側から減量する粘膜下骨甲介骨切除を、鼻水か多ければ、分泌神経を切断する後鼻神経切断を行う。全身麻酔の進歩から、最近では全身麻酔下日帰りとして行われている。鼻汁に対しては鼻内に特殊な薬物を注射する方法もある。
その他、くしゃみに対しては、副作用がない、カプサイシンを使用する方法がある。トウガラシの辛味成分のカプサイシンが花粉症の治療になると言う。カプサイシンを鼻に投与し、神経の働きを低下させ、ヒスタミンが挿入されても、鼻の反応がにぶくなる仕組みの治療法である。ただ、この治療の難点は「痛い」ことだと言う。 「花粉症の反応が起こる最初のところを抑えている治療なので、早い反応が抑えられるんです」(久保医師)
また最近注目されている、特定の紫外線波長を含む光線を鼻内に照射する光線療法も行っている。ペンライトを鼻内に数分間当てる感じなので痛みもない。くしゃみなど知覚神経症状には即効性があり、炎症細胞にも作用し鼻閉にも効果が期待できる。

最近はアンチエージングや幹細胞医療に関心を持ち研究・治療も行っていると言う。病気や事故などで失われた組織の修復や、アンチエイジングへの応用に期待がかかる幹細胞療法。久保医師が理事長を務める 「医療法人社団みき会サンフィールドクリニック」 では、最先端の培養技術を用いて臨床治療に応用している。将来は海外展開も視野に一層の普及を目指し、再生医療に情熱をかけている。

医師プロフィール

1980年 関西医科大学卒業 関西医科大学耳鼻咽喉科研修医
1986年 関西医科大学耳鼻咽喉科助手
1987~1988年 Wake Forest大学耳鼻咽喉科留学
1988~1990年 Harvard大学耳鼻咽喉科留学
1991~2000年 関西医科大学耳鼻咽喉科講師
2000~2001年 関西医科大学耳鼻咽喉科助教授
2001~2008 年関西医科大学助教授、付属男山病院部長
2008~2008年 関西医科大学付属男山病院病院教授
2011年5月 医療法人社団みき会サンフィールドクリニック理事長
2013年1月 ザ北浜タワー耳鼻咽喉科皮膚科クリニック