溝上裕士 医師 (みぞかみゆうじ)

筑波大学附属病院

茨城県つくば市天久保2-1-1

  • 光学医療診療部
  • 病院教授

消化器科 内科

専門

消化器病学、消化器内視鏡学、消化性潰瘍、炎症性腸疾患

溝上裕士

溝上裕士医師は、消化器内視鏡診断、内視鏡治療、炎症性腸疾患(IBD)、 潰瘍性大腸炎、クローン病を専門としており、診療は常にトップレベルの維持を目指している。経鼻内視鏡、小腸内視鏡、カプセル内視鏡は、県内で最も早く導入し、消化管診療においては指導的立場にある。IBD患者の診療実績も県内屈指を誇る。2011年4月から、自由診療にてピロリ菌専門外来を開設し、ピロリ菌の診断、治療を行っている。臨床現場では「常に患者に寄り添う医療」の実践を心がけている。

診療内容

逆流性食道炎、食道ヘルニアは、頑固な胸やけを引き起こす。食生活の欧米化に伴い増加傾向にあり、病態に応じた治療を行っている。食道がんに対しては、進行度に応じた治療法を選択している。進行がんでは外科的治療の適応を考慮するが、適応がないと判断される場合には、放射線治療(陽子線治療を含む)と化学療法を選択する。早期の食道がんは、内視鏡的治療(粘膜切除術・粘膜下層剥離術)の適応となる。胃の良性疾患の中では、ヘリコバクターピロリ菌が原因とされる、慢性(萎縮性)胃炎が最も多く、胃がんとの関連で注目されている。特に胃・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌を原因とすることが多く、除菌治療を考慮する必要があり、近年は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や、低用量アスピリンなどによる出血性潰瘍が増加しており、このような潰瘍に対しても先進的な取り組みをしている。胃がんは、我が国に極めて多いがんですが、治療の基本は外科的な開腹手術である。早期胃がんのうち粘膜内に留まるものに対しては、内視鏡的治療(EMR:粘膜切除術、ESD:粘膜下層剥離術)を積極的に導入している。外科的治療の適応とならない進行胃がん症例は、化学療法の適応です。その他、高齢者や合併症のある症例に対しては、腫瘍縮小を目的に光線力学療法も行っている。小腸はその検査方法の困難さから、長年にわたり“暗黒大陸”と呼ばれてきた。しかし近年、カプセル内視鏡・バルーン内視鏡検査の導入により、いままで診断し得なかった小腸疾患が明らかになってきた。同院では、2008年にカプセル内視鏡診断装置、2009年にシングルバルーン内視鏡、さらに2010年にはダブルバルーン内視鏡を導入し、最新鋭の医療器具により、小腸疾患の診断・治療にあたっている。また同院は県内10施設と連携して、カプセル内視鏡読影ネットワーク(Ibaraki Capsule Endoscopy Network・ICE Net)を構築し、県内におけるカプセル内視鏡の普及と、小腸疾患発見率向上に貢献している。若年層に慢性の下痢、血便をきたす潰瘍性大腸炎やクローン病(IBD)は、原因不明の難病であり本邦で急増している。通常の薬物治療の他、免疫調節薬、白血球除去療法などの集学的な治療を行うとともに、重症例では外科的治療の適応も考慮している。同院では専門性の高い「IBD外来」を開設し、さらに医師、看護師、栄養士、ケースワーカーらと連携しチーム医療を展開している。大腸のポリープ(腺腫)や早期大腸がんに対しては、内視鏡的治療(粘膜切除術、粘膜下層剥離術)が行われる。健診で発見される大腸がんの8割が早期がんであり、その6割が内視鏡的治療で治癒可能とされている。一方、進行した大腸がんに対しては、外科的切除術や化学療法を考慮している。

医師プロフィール

1981年3月 東京医科大学 卒業
1981年6月 兵庫医科大学第四内科研修医
1991年4月 国立加古川病院内科医長
1994年8月 兵庫医科大学第四内科助手
1996年4月 東京医科大学内科学第五講座(霞ケ浦病院)助手
1999年5月 東京医科大学内科学第五講座講師
2002年5月 東京医科大学内科学第五講座助教授
2005年5月 東京医科大学霞ケ浦病院内視鏡部長併任
2007年4月 東京医科大学霞ケ浦病院准教授
2009年2月 蒲郡市民病院副院長兼消化器科部長
2010年7月 筑波大学附属病院光学医療診療部准教授
2011年4月 筑波大学附属病院光学医療診療部部長・病院教授