古田隆久 医師 (ふるたたかひさ)

浜松医科大学医学部附属病院

静岡県浜松市東区半田山1-20-1

  • 消化器内科
  • 病院教授

消化器科 内科

専門

ヘリコバクター・ピロリ菌による胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃がんなどの消化器系疾患

古田隆久

古田隆久医師は、予め患者の薬物代謝酵素の遺伝子検査を行い、検査結果を踏まえてその患者に合った量や方法で薬物を適切に投与することにより除菌率を高める方法を開発した。この画期的な治療法は先進医療としても認可されるに到った。同院ではこれにより100%に近い除菌率を達成した。これらの実績を重ね、同院の消化器内科及び古田医師は、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療において国内をリードする存在となっている。2010年8月には「ヘリコバクター・ピロリ菌専門外来」を開設した。

診療内容

胃がん大国と言われる日本において、その主な原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌は重要な課題である。現在の標準的な除菌方法として、抗生物質2種類と胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)の3剤を同時に使用し、一週間飲み続けるという治療法が行われている。2015年からはカリウム競合型アシッドブロッカー(P-CAB)も用いられている。PPIやP-CABを使うのは、胃酸によって抗生物質が分解されるのを防止したり、ピロリ菌の抗菌薬に対する感受性を高めるためである。古田医師はピロリ菌の抗菌薬への感受性に加えて,除菌治療中の胃酸分泌抑制の重用性,さらに内服薬の投与設計にも配慮した除菌を行っている。先進医療としても認可された「CYP2C19遺伝子多型に基づくテーラーメード(オーダーメイド)のヘリコバクター・ピロリ除菌療法」はそのひとつである。現在では, P-CABを用いることにより,CYP2C19遺伝子多型の問題は大夫解消され、現在は特に抗菌薬感受性と投与設計により重視した除菌を行っている。同院ではこれまでに、こうした治療方法により100%に近い除菌率を達成した。これらの実績を重ね、同院の消化器内科及び古田医師は、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療において国内をリードする存在となっている。2010年8月には「ヘリコバクター・ピロリ菌専門外来」を開設。そこでは、個別化療法に加えて、血清ペプシノゲンと抗H. pylori抗体測定による胃がんのリスク評価(いわゆる胃がんのABC検診)を併用し、単に除菌を行うのではなくて、胃がんリスクも評価して胃がん検診への啓発も行っている。古田医師は「除菌に失敗した人は漫然と除菌治療をくり返すのではなく、自身の体質やピロリ菌のタイプを知り、薬の特性を活かした治療を受けてほしい」と語っている。除菌が成功するまで、患者とつきあうことを心がけている。

医師プロフィール

1987年6月 浜松医科大学医学部附属病院医員(研修医)
1988年6月 浜松労災病院内科(消化器内科)
1991年6月 浜松医科大学医学部附属病院医員
1996年4月 浜松医科大学医学部附属病院医員
1998年4月 浜松医科大学医学部助手
2001年2月 National Cancer Institute, NIH(米国)客員研究員
2003年2月 浜松医科大学第一内科・助手
2003年8月 浜松医科大学医学部附属病院(救急部)助手
2004年8月 浜松医科大学第一内科・助手
2005年8月 浜松医科大学臨床研究管理センター助教授
2012年11月 同、病院教授