上村直実 医師 (うえむらなおみ)

国立国際医療研究センター国府台病院

千葉県市川市国府台1-7-1

  • 消化器・肝臓内科
  • 名誉院長

消化器科 内科

専門

消化器内科 特にピロリ菌と胃がんの研究

上村直実

上村直実医師は、ピロリ菌感染者と非感染者を追跡調査し、ピロリ菌と胃がんの発症リスクとの関係を突き止めた研究で知られる。
広島大学病院第一内科では、内視鏡像、胃酸分泌、ガストリン、ソマトスタチン、血清ペプシノゲン値から上部消化器疾患(特に胃がんや十二指腸潰瘍)が形成される、背景胃粘膜を研究し、呉共済病院ではピロリ菌感染の有無と組織学的胃炎、内視鏡的な萎縮度も加えて研究を行う。
臨床医学雑誌「The New England Journal of Medicine」と「The Lancet」に、2000~2009年の10年間に日本人の研究者が原著論文を寄稿したのは、前者が13本と後者が37本。その両方に掲載されたのは上村医師のみである。
2009年2月 高松宮妃癌研究基金学術賞を受賞。厚生労働省「H. pylori感染と胃がん」(藤岡班)、「EBMに基づく胃潰瘍治療ガイドライン作成」(菅野班)メンバーである。

医師プロフィール

1951年生まれ
1979年3月 広島大学医学部卒業
1979年6月 広島大学付属病院内科研修医
1981年4月 広島県立瀬戸田病院内科医師
1983年4月 広島大学第一内科内視鏡部医員
1986年4月 国立療養所畑賀病院内科医師
1987年5月 米国アラバマ州立大学消化器科研究員
1989年4月 呉共済病院消化器科医長
2000年4月 広島大学医学部臨床教授を兼任
2002年4月 国立国際医療センター・内視鏡部長
2005年4月 早稲田大学生命医療工学研究所客員教授(併任)
2007年9月 国立国際医療センター・臨床研究・治験センター長(併任)
2010年4月 国立国際医療研究センター理事および国府台病院長
2018年4月 国立国際医療研究センター国府台病院 名誉院長
(更新日:2018年5月25日)