上村直実 医師 (うえむらなおみ)

国立国際医療研究センター国府台病院

千葉県市川市国府台1-7-1

  • 消化器・肝臓内科
  • 名誉院長

消化器科 内科

専門

消化器内科 特にピロリ菌と胃がんの研究

上村直実

上村直実医師は、ピロリ菌感染者と非感染者を追跡調査し、ピロリ菌と胃がんの発症リスクとの関係を突き止めた研究で知られる。
広島大学病院第一内科では、内視鏡像、胃酸分泌、ガストリン、ソマトスタチン、血清ペプシノゲン値から上部消化器疾患(特に胃がんや十二指腸潰瘍)が形成される、背景胃粘膜を研究し、呉共済病院ではピロリ菌感染の有無と組織学的胃炎、内視鏡的な萎縮度も加えて研究を行う。
臨床医学雑誌「The New England Journal of Medicine」と「The Lancet」に、2000~2009年の10年間に日本人の研究者が原著論文を寄稿したのは、前者が13本と後者が37本。その両方に掲載されたのは上村医師のみである。
2009年2月 高松宮妃癌研究基金学術賞を受賞。厚生労働省「H. pylori感染と胃がん」(藤岡班)、「EBMに基づく胃潰瘍治療ガイドライン作成」(菅野班)メンバーである。

診療内容

日本人に多い胃がん。その発生要因はさまざまだが、近年、胃がんの罹患にピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)が関与していることが明らかとなり、ピロリ菌の早期発見と除菌の必要性が指摘されている。
ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは、口から侵入し胃の中に住み着くことで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどさまざまな病気の原因になる細菌のこと。日本人のおよそ50%がピロリ菌に感染している。その大半は50歳以上の方で、まだ上下水道が十分に整っていない衛生状態が悪い時代に感染したものと考えられている。
「ピロリ菌のほとんどは5歳未満で感染し、何十年間も胃の中に棲みついています。個人差はあるものの、胃の粘膜が老化することで、消化性潰瘍や過形成ポリープなどが発症しやすくなります」(上村医師)
ピロリ菌が胃に長く住み着くと、ピロリ菌がつくり出すアンモニアや毒素によって胃の粘膜に炎症が起き「慢性胃炎」となる。この「慢性胃炎」の状態が何年も続くと、胃の粘膜の細胞が壊れ「萎縮性胃炎」となり、発がん物質の影響を受けやすい状態となる。
上村医師は、長年にわたり胃がん発症について追跡調査を行っている。その結果「ピロリ菌に感染している方は、年に0.5%、10年で5%の確率で胃がんを発症することが確認されました。また、感染していない方は、まったく胃がんは認められませんでした。すべての胃がんがピロリ菌によって発症するわけではないのですが、ピロリ菌による「萎縮性胃炎」が胃がんの原因になることは間違いありません」と上村医師は言う。
ピロリ菌による胃炎は特別な症状がないことが多いが、空腹時にみぞおちの痛みがある、めまい・ふらつきなどの貧血症状を伴う、吐血や黒い便が出る、などの症状がある方は、胃潰瘍や胃がんなどが疑われるので、胃カメラと同時にピロリ菌の検査を受けることを勧めている。

国府台病院消化器・肝臓内科では、拡大観察機能を有する新型の内視鏡を使用することで微細な早期がんの観察も可能である。また、内視鏡検査の患者に対し苦痛を軽減すべく適時、麻酔薬を使用し苦痛の少ない内視鏡を心がけている。カプセル内視鏡や小腸内視鏡といった最新の内視鏡設備を有しており、以前まで十分に観察ができなかった小腸の内視鏡観察も可能。胆管疾患や膵疾患に対する内視鏡検査・治療、早期胃がん、食道がん、大腸がんに対しての粘膜下層剥離術(ESD)といった最新の治療も積極的に行っている。

医師プロフィール

1951年生まれ
1979年3月 広島大学医学部卒業
1979年6月 広島大学付属病院内科研修医
1981年4月 広島県立瀬戸田病院内科医師
1983年4月 広島大学第一内科内視鏡部医員
1986年4月 国立療養所畑賀病院内科医師
1987年5月 米国アラバマ州立大学消化器科研究員
1989年4月 呉共済病院消化器科医長
2000年4月 広島大学医学部臨床教授を兼任
2002年4月 国立国際医療センター・内視鏡部長
2005年4月 早稲田大学生命医療工学研究所客員教授(併任)
2007年9月 国立国際医療センター・臨床研究・治験センター長(併任)
2010年4月 国立国際医療研究センター理事および国府台病院長
2018年4月 国立国際医療研究センター国府台病院 名誉院長

「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」を専門とする医師