樋口和秀 医師 (ひぐちかずひで)

大阪医科大学附属病院

大阪府高槻市大学町2-7

  • 消化器内科(胃腸科)
  • 教授 科長

消化器科 内科

専門

消化器疾患一般(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)、逆流性食道炎の内視鏡治療、カプセル内視鏡

樋口和秀

樋口和秀医師は、日本で初めて逆流性食道炎の内視鏡治療を行い、2011年には遠隔操作できる「泳ぐ内視鏡カプセル」を開発し、人の胃と大腸の撮影に成功した。またヘリコバクターピロリ菌による胃・十二指腸潰瘍に対する除菌療法、あるいは原因不明の免疫異常によると思われる潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患についても、白血球除去療法や抗TNF-α抗体療法などの新しい治療法を積極的に導入している。さらに世界へ羽ばたくことを目標に掲げ、研究に邁進している。

医師プロフィール

1982年 大阪市立大学医学部 卒業
1989年 大阪市立大学 助手
1998年 大阪市立大学 講師
2002年 大阪市立大学医学部助教授、内視鏡部助教授
2004年 米国カリフォルニア大学アーバイン校客員助教授
2006年 大阪市立大学医学部准教授、内視鏡部准教授
2007年 大阪医科大学第二内科教授
(更新日:2014年5月20日)

「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会