春間賢 医師 (はるまけん)

川崎医科大学総合医療センター

岡山県岡山市北区中山下2-6-1

  • 内科(非常勤)
  • 特任部長(特任教授)

消化器科 内科

専門

消化管の腫瘍、炎症性腸疾患、胃炎・消化性潰瘍、消化管の機能異常

春間賢

春間賢医師は、消化管医療のエキスパートとして、診療ガイドラインにおける評価委員、日本消化器がん検診学会の消化器がんの検診事業などに従事。元部長を務めた川崎医科大学附属病院消化器科では最新の電子内視鏡やレントゲン、カプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡を使った胃や大腸の検査を実施、とくに早期がんの検診や内視鏡を使った治療を積極的に行った。クローン病や潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患と呼ばれる難治性の腸の病気の診断、治療にも力を注ぐ。2007年にペプシノゲン検査の研究で松岡良明賞受賞した。2015年4月より川崎医科大学附属川崎病院に移動し、内科特任部長として診察を行っている。

医師プロフィール

1975年3月 広島大学大医学部 卒業
1975年4月 広島大学付属病院
1977年 国立病院機構四国がんセンター、国立出目療養所,国立松山病院,広島赤十字病院などを経て
1988年11月 広島大学医学部講師
1990年1月 ドイツハノーバー医科大学留学
1992年9月 文部省在外研究員(メイヨークリニック)
1996年8月 リオグランデンセ大学(ブラジル)消化器科客員教授
2001年4月 広島大学病院第一内科助教授
2001年8月 川崎医科大学医学部教授
2015年4月 川崎医科大学 総合内科学2 特任教授、川崎医療福祉大学 臨床栄養学科 特任教授
(更新日:2017年1月20日)

「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会