内尾祐司 医師 (うちおゆうじ)

島根大学医学部附属病院

島根県出雲市塩冶町89-1

  • 整形外科
  • 診療科長 教授

整形外科 外科

専門

膝関節外科、スポーツ整形外科、手の外科、軟骨変性・代謝・再生、末梢神経変性と再生

内尾祐司

内尾祐司医師は整形外科で、膝関節外科及びスポーツ障害、手の外科領域などを担当。幅広い年齢層の多岐に渡る疾患に対して、出来るだけ侵襲が少なく、早期に社会復帰できる有効な治療法の確立を目的としている。特に膝スポーツ障害では、関節鏡(内視鏡)を用いて低侵襲手術を行うとともに、靱帯の最適張力を術中測定できる機器を開発し臨床応用している。これまでに自ら執刀した膝関節の十字靱帯再建術は788例、半月板切除術246例、半月板縫合術175例、骨軟骨移植術160例(2015年3月現在)である。また、リハビリテーションにも力を入れており、筋力や可動域だけでなく、アスリートが早期にフィールドに戻れるように、関連病院と連携して運動認知能力の回復を促すアスレチックリハビリテーションを導入している。

医師プロフィール

1990年3月 島根医科大学大学院医学研究科単位修得 退学
1990年4月 島根医科大学医学部附属病院助手
1990年10月 大阪府市同和地区医療センター芦原病院医師
1991年2月 島根医科大学医学部附属病院助手
1992年4月 大阪府市同和地区医療センター芦原病院医長
1994年4月 島根医科大学医学部附属病院助手
1995年2月 島根医科大学医学部外科学講座整形外科学講師(学内)
1998年4月 英国 Leeds大学Rheumatology and Rehabilitation Research Unit留学
1999年8月 島根医科大学医学部附属病院講師
2002年6月 島根医科大学医学部外科学講座整形外科学教授
2003年10月 島根大学医学部整形外科学教授(大学統合による)
2005年1月 島根大学医学部整形外科学講座 教授
2009年10月~2011年9月 島根大学医学部副学部長兼務
2013年10月~2015年9月 島根大学医学部副学部長兼務
現在に至る
(更新日:2018年2月26日)

同じ疾病を専門とする医師一覧