松末吉隆 医師 (まつすえよしたか)

滋賀医科大学医学部附属病院

滋賀県大津市瀬田月輪町

  • 病院長

整形外科 外科

専門

関節外科(膝・股関節)、関節鏡視下手術、スポーツ医学

松末吉隆

30年以上にわたる豊富な臨床経験を持つ松末吉隆医師。スポーツによる種々の障害やけが、また股関節や膝関節の変形による障害のエキスパートで、多くの患者のQOL(生活の質)を支える医療を提供する。人工膝関節手術では、感染や深部静脈血栓症などの合併症を極力少なくする手術を心がけ、深い屈曲が得られるように努めている。十字靱帯再建術、変形性関節症に対する内視鏡下手術など、関節鏡を使用した関節を切らない手術をこれまでに2,500例以上実施。また、関節軟骨の障害に対しては、世界で初めて関節鏡視下に関節軟骨を移植する方法(モザイク移植)を発表し、国内におけるこの方面のリーダー的存在となっている。

診療内容

関節外科(膝・股関節)、関節鏡視下手術、スポーツ医学のエキスパートとして、多くの患者の診療にあたっている松末医師は「30年以上の豊富な臨床経験を活かして、患者さんの立場をよく理解し、一人一人に合った治療法を行うことをモットーとしています」とその心情を話す。
同科では、社会の高齢化とともに増加する変形性膝関節症に対して、出血量も少なく、術後に深い屈曲が可能な人工関節手術を実施。皮膚切開を小さく、筋肉に対する侵襲を少なくしたLIS(Less invasive surgery)による人工膝関節置換術を主として行っている。松末医師はそのメリットについて「これにより、術後の痛みの軽減や早期のリハビリテーションが可能になっています」と説明する。また、重要な合併症である術後感染に対してもクリーンな環境できめ細かい万全の注意を払い、きわめて少ない感染率を達成している(過去5年間0%)。
松末医師によると、この変形性膝関節症の症状を持つ患者は約1,000万人に上り、糖尿病患者とほぼ同数。厚生労働省では、今後増大する高齢者医療対策として、運動療法など予防医療に取り組んでいるという。
同疾患の要因のひとつとしては、肥満が挙げられる。太りすぎを防ぐためには、カロリー制限も必要だが、体重や筋力、年齢、病気の有無など、個人個人に合わせて運動を行うことが大切になる。「それには歩行が安全で有効ですが、目安として痛みがひどくならない程度に続けるようにしましょう」(松末医師)
また、松末医師はこの疾患の対策として、以下のような太ももの筋肉を鍛える足上げ体操を行うことを提唱する。まず背もたれのある椅子に座って足を伸ばし7秒間ずつ10回をワンセットに、朝晩、最低20回繰り返す。「痛みがひどくなると、運動が難しくなります。また、症状が進むと寝たきりになる場合もあるため、動ける時から運動を行うことが大切です。今後ずっと高いQOL(生活の質)を保つためにも、早期から適切な運動の継続を心がけましょう」(松末医師)
このような運動療法や減量にても症状が軽快せず進行する時は、専門医に相談し手術を含めた適切な治療を受けることが大切になる。スポーツによる十字靱帯、半月損傷においては、可能な限り元の状態に戻す解剖学的再建・修復を施行。安易な半月板切除は、後に関節軟骨損傷を悪化させ変形性膝関節症を生じる可能性が高くなる。従って、半月手術においては可能な限り半月を温存することに努め、切除が必要な場合も最小限の切除に留めている。また、前十字靱帯損傷に対しては2重束再建による最新の手術方法で解剖学的再建を図り、安定した良好な成績を得ている。従来治療が困難とされてきた外傷性軟骨欠損、離断性骨軟骨炎や骨壊死症による軟骨欠損に対しては骨軟骨柱移植(モザイク形成)を行い、良好な成績を獲得。最近では治療が非常に難しいとされているステロイド性骨壊死症に対しても、骨軟骨柱移植術を応用した関節形成術を行い、関節温存に努めている。

医師プロフィール

1975年3月 京都大学医学部 卒業
1988年1月 京都大学整形外科助手
1993年8月 京都大学医学博士号取得
1993年7月 京都大学整形外科講師
2000年10月 京都大学整形外科助教授
2001年3月 滋賀医科大学整形外科教授
2005年4月 滋賀医科大学附属病院副院長(併任)
2014年2月 滋賀医科大学附属病院病院長