越智光夫 医師 (おちみつお)

広島大学病院

広島県広島市南区霞1-2-3

  • 整形外科
  • 学長、教授

整形外科 外科

専門

膝関節外科、再生医学、スポーツ医学、末梢神経外科、関節鏡視下手術、変形性膝関節症

越智光夫

広大整形越智光夫医師は1996年の島根医科大学在任当時、スポーツ障害患者及び変形性膝関節症や関節リウマチを持つ高齢患者の関節変形前の限局する関節軟骨欠損を対象に、世界に先駆けてコラーゲンゲル包埋自家培養軟骨細胞移植を開始。2002年からは広島大学で継続させた。この移植は極めて高い成果を上げ、2004年に内閣府の日本学術会議会長賞を、また2010年には平成22年度文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞、2015年には紫綬褒章、2016年にはMasaki Watanabe Awardを受賞した。院院長、理事の後、現在、大学の学長でありながら、2ヶ月に1~2回の外来診察も続けている。

医師プロフィール

1977年3月 広島大学医学部 卒業
1995年4月 島根医科大学整形外科教授
2002年4月 広島大学大学院整形外科教授
2007年4月 広島大学病院 病院長
2011年5月 広島大学理事・副学長(医療担当)
2012年4月 広島大学学長特命補佐
2013年9月 広島大学病院スポーツ医科学センター長
2015年4月 国立大学法人 広島大学長(現在に至る)
2018年8月 北京大学 Institute of Sports Medicine 名誉教授
(更新日:2020年1月19日)