斎藤充 医師 (さいとうみつる)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 整形外科
  • 准教授(骨代謝,膝関節)

整形外科 外科

専門

膝関節外科(変形性関節症.人工膝関節),骨代謝疾患(続発性骨粗鬆症)

斎藤充

これまで骨粗鬆症は、骨密度だけが重視されていたが、じつは骨質も骨の強さには関係している。斎藤充医師はこの事実を突き止め、骨がもろくなるメカニズムを解明した。骨質を評価する方法を提唱したのは世界初の快挙で、骨粗鬆症のガイドラインにも盛り込まれている。また、変形性膝関節症の人工膝関節置換術を年間208例,両側同時の人工膝関節は年間70例おこなっている。週に4例の人工膝関節手術を執刀している(2017年実績)。変形性関節症は骨粗鬆症を合併しやすく、人工関節の術後成績不良因子ともなる。そのため手術前後に最先端の骨粗鬆症治療を行い、人工関節の良好な成績を得るための包括的治療を常としている。湘南ベルマーレのチームドクターも務める。自らの研究をもとに、骨粗鬆症症と変形性関節症の内科的・外科的治療の最先端を切り拓きつづけるパイオニアだ。

医師プロフィール

1992年3月 東京慈恵会医科大学卒業
1994年5月 東京慈恵会医科大学 大学院入学、DNA 医学研究所・分子細胞生物学部門
1998年4月 東京慈恵会医科大学整形外科 助手
1999年1月 学位(医学博士)受領
2001年7月 国立宇都宮病院 整形外科リハビリ科医長
2007年3月 東京慈恵会医科大学 整形外科 講師 (兼:附属病院 診療医長)
2011年10月 東京慈恵会医科大学 整形外科 准教授 (兼:附属 第三病院 診療部長)
2013年10月 東京慈恵会医科大学 整形外科 准教授 (兼:附属病院 本院 診療副部長)
2015年 トロント大学病院整形外科人工関節チーム 留学
(更新日:2018年1月11日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会