赤木將男 医師 (あかぎまさお)

近畿大学病院

大阪府大阪狭山市大野東377-2

  • 整形外科
  • 主任教授、部長

整形外科 リウマチ科 外科

専門

膝関節外科、変形性膝関節症、人工膝関節置換術

赤木將男

赤木將男医師は、膝関節外科、関節リウマチや変形性膝関節症の診療・治療、なかでも人工膝関節置換術におけるエキスパートとして知られている。術後の痛みの緩和や早期回復など、患者の負担を最小限にとどめる治療をめざしており、全国でも最短レベルの術後平均在院日数を実現してきた。自らの手術手技の洗練に加え、主任教授として卒前・卒後教育にも尽力し、次世代に向けた優秀な外科医育成に取り組んでいる。基礎および臨床研究の発表をはじめ、関節外科にいて数多くの実績をもつ。

診療を受けるには

赤木医師の診療は、月曜【関節・リウマチ外来】、火曜の午後【人工関節外来】(いずれも専門予約のみ)。初診には紹介状が必要。患者支援センター(地域医療連携)を通じた紹介も可。

医師プロフィール

1983年3月 京都大学医学部 卒業
1995年 京都大学医学部附属病院助手
2000年 ロマリンダ大学研究員
2001年 近畿大学医学部附属病院講師
2004年 近畿大学医学部整形外科学教室助教授
2007年 近畿大学医学部整形外科学教室准教授
2009年 近畿大学医学部整形外科学教室教授
2012年5月 近畿大学医学部整形外科学教室主任教授

所属学会

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医・指導医
日本整形外科学会、日本人工関節学会、日本膝関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本関節病学会、日本軟骨代謝学会、Asian Pacific Knee Society、日本臨床リウマチ学会、Osteoarthritis and Cartilage Research Society International、Society of International Congress of Orthopaedics and Traumatology、American Academy of Orthopaedic Surgeons

主な著書

Akagi M, Oh M, Nonaka T, Tsujimoto H, Asano T, Hamanishi C.
An Anteroposterior Axis of the Tibia for Total Knee Arthroplasty.
Clin Orthop Rel Research, 420: 213-219, 2004

Akagi M, Asano T, Clarke IC, Niiyama N, Kyomoto M, Nakamura T, Hamanishi C.
Wear and Toughness of Cross-linked Polyethylene for Total Knee Replacements: A Study Using a Simulator and Small-Punch Testing.
J Orthop. Res 24: 2021-2027, 2006.

Akagi M, Kanata S, Mori S, Itabe H, Sawamura T, Hamanishi C.
Possible Involvement of Oxidized Low-density Lipoprotein with Lectin-like Oxidized Low-density Lipoprotein Receptor 1 in Pathogenesis and Progression of Human Osteoarthritis.
Osteoarthritis and Cartilage, 15: 281-290, 2007.

Zushi S, Akagi M, Kishimoto H, Teramura T, Sawamura T, Hamanishi C.
Induction of bovine articular chondrocyte senescence with oxidized low-density lipoprotein through lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1.
Arthritis Rheum 60:3007-16, 2009

Akagi M, Asada S, Mori S, Matsushita T, Hashimoto K, Hamanishi C.
Estimation of Frontal Alignment Error of the Extramedullary Tibial Guide on the Bi-malleolar Technique: A Simulation Study with Magnetic Resonance Imaging.
The Knee 19:836-42, 2012.

Mori S, Akagi M, Asada S, Matsushita T, Hashimoto K, Hamanishi C.
Tibia vara affects the aspect ratio of tibial resected surface in female Japanese patients undergoing total knee arthroplasty.
Clin Orthop Rel Research 471:1465-71, 2013.

Tsukamoto I, Akagi M, Inoue S, Yamagishi K, Mori S, Asada S.
Expressions of local renin-angiotensin system components in chondrocytes. European J of Histochemistry, 2014 in press.

医師発信欄

近畿大学医学部附属病院整形外科HP: http://www.med.kindai.ac.jp/ortho/
(更新日:2018年2月26日)

同じ疾病を専門とする医師一覧