赤木將男 医師 (あかぎまさお)

近畿大学病院

大阪府大阪狭山市大野東377-2

  • 整形外科
  • 主任教授、部長

整形外科 リウマチ科 外科

専門

膝関節外科、変形性膝関節症、人工膝関節置換術

赤木將男

赤木將男医師は、膝関節外科、関節リウマチや変形性膝関節症の診療・治療、なかでも人工膝関節置換術におけるエキスパートとして知られている。術後の痛みの緩和や早期回復など、患者の負担を最小限にとどめる治療をめざしており、全国でも最短レベルの術後平均在院日数を実現してきた。自らの手術手技の洗練に加え、主任教授として卒前・卒後教育にも尽力し、次世代に向けた優秀な外科医育成に取り組んでいる。基礎および臨床研究の発表をはじめ、関節外科にいて数多くの実績をもつ。

医師プロフィール

1983年3月 京都大学医学部 卒業
1995年 京都大学医学部附属病院助手
2000年 ロマリンダ大学研究員
2001年 近畿大学医学部附属病院講師
2004年 近畿大学医学部整形外科学教室助教授
2007年 近畿大学医学部整形外科学教室准教授
2009年 近畿大学医学部整形外科学教室教授
2012年5月 近畿大学医学部整形外科学教室主任教授
(更新日:2014年5月21日)