山内広平 医師 (やまうちこうへい)

滝沢中央病院

岩手県滝沢市鵜飼笹森42-2

  • 呼吸器内科 アレルギー外来
  • 名誉院長

呼吸器科 アレルギー科 内科

専門

呼吸器病学(気管支喘息、COPD、間質性肺疾患、肺腫瘍)

山内広平

山内広平医師は、研究者として、ヒトヒスタミン合成酵素であるL-histidine decarboxylase 及び気道における主要なヒスタミン分解酵素であるHistamine N-methyltransferase の遺伝子クローニングを行い、気道におけるヒスタミン代謝の解明に貢献した。また気管支喘息の重症病態に関与する気道リモデリングの研究を行い、サイトカインや増殖因子の関与を明らかにしてきた。近年は遺伝子多型と喘息病態との関連を報告し、更に気管支喘息の早期発見・予防に貢献している。岩手医科大学附属病院の呼吸器・アレルギー・膠原病内科では、呼吸器疾患を中心に、アレルギー・免疫・膠原病(関節リウマチなど)・心身症を担当していた。呼吸器疾患としては、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、全身性疾患に伴う肺疾患、過敏性肺炎、間質性肺炎、肺がん、感染症(呼吸器感染症)などを対象としている。
東日本大震災の時に、在宅酸素療法中の患者が酸素の供給をなくして、病状の悪化例も見られ、在宅酸素療法患者会を作り年に一度、患者やその家族などと在宅酸素療法の上手な継続や医療補助の申請方法などの勉強会を続けている。岩手医科大学を定年退職後、滝沢中央病院の名誉院長として気管支喘息を中心に呼吸器外来で診察を行っている。

診療内容

岩手医科大学附属病院はスパイロメトリー、気道過敏性検査(アストグラフ法)、気道可逆性検査、呼気NO測定は外来で受診可能。アレルゲン皮内テスト、免疫療法(アレルゲン皮内テスト)も行っている。また、入院診療体制では東病棟5階にRCU5床を含む33床が配分され、東病棟5階は呼吸器・アレルギー・膠原病内科、呼吸器外科共用となっており呼吸器センター的に運用されている。「呼吸は“命の源”であり、命の基本的営みである呼吸運動は高度に発達した制御を受けている。また肺は酸素を取り入れるために外界と接し、ウイルスや細菌の標的器官となるため、常に注意が必要である。病棟では呼吸器センターとして機能的なチーム医療を取り入れている」(山内医師)
通常の治療では改善されない難治性喘息について山内医師は「過量のステロイド剤を用いなければ日常生活ができず、重度のステロイド依存性を持っていることが多い。しかし、難治化する要因は多様なので、ステロイドだけに頼らず個々の病態に即した治療を行なわなければならない」との考えだ。吸入ステロイド剤を中心に、気管支拡張剤、抗ロイコトリエン剤、時には抗IgE療法などを併用し経口ステロイド剤は最小限にとどめるようにしている。
滝沢中央病院の名誉院長として着任後は、これまで培ってきた呼吸器診療を中心に地域診療や高齢患者の介護診療に関わり、医療活動に貢献できればとのこと。

医師プロフィール

1976年 東北大学医学部 卒業
1995年 岩手医科大学医学部 助教授
2007年 岩手医科大学医学部 准教授
2010年 岩手医科大学医学部 教授
2017年4月 医療法人社団松誠会 滝沢中央病院 名誉院長