駒瀬裕子 医師 (こませゆうこ)

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1

  • 呼吸器内科
  • 部長 病院教授

呼吸器科 アレルギー科 内科

専門

アレルギー性肺疾患(気管支喘息、好酸球性肺炎など)、呼吸器感染症、間質性肺疾患

駒瀬裕子

喘息の専門医であり、喘息をはじめとした呼吸器科疾患を広く診療するほか、喘息診察に関しては後進への指導にもあたる。喘息や慢性閉塞性肺疾患は遺伝的な要因によるところがあり、長くつき合うことになることが多い疾患である。長期間にわたる患者の治療生活を円滑にするためには、地域においての医療連携体制が不可欠として、地域に医療連携システムを構築することにも尽力している。また喘息と上手に付き合っていく方法としてステロイド薬の吸入指導にも熱心に携わっている。

診療を受けるには

外来は、火曜・金曜。完全予約制。予約は地域の先生の紹介状と可能なら胸部レントゲン写真を持参の上、医療連携室へ予約のこと。予約の際に指名が可能。2回目以降の再診も要予約。

医師プロフィール

1980年3月 信州大学医学部 卒業
1980年4月~1984年3月 東京大学医学系大学院
1984年4月 国立国際医療センター呼吸器内科レジデント
1986年10月 聖マリアンナ医科大学東横病院 医長
1992年4月~1993年3月 ドイツヴュルツブルグ大学留学
1993年4月 聖マリアンナ医科大学東横病院
2001年4月 横浜市西部病院勤務

所属学会

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・気管支鏡指導医、日本アレルギー学会アレルギー専門医・指導医、日本感染症学会感染症専門医・指導医、インフェクションコントロールドクター、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本化学療法学会抗菌化学療法指導医、日本医師会認定産業医、身体障害者福祉法指定医

主な著書

『すべての医療者のための明日からできる実践吸入指導―指導から支援へ』(2018年メディカルレビュー社; 改訂第3版)
『薬剤師、医師、看護師のための明日からできる実践吸入指導』(2012年メディカルレビュー社) 
『薬剤師、医師、看護師のための明日からできる実践吸入指導』(2015年2月メディカルレビュー社; 改訂第2版) 
(更新日:2017年10月5日)