角田和彦 医師 (かくたかずひこ)

かくたこども&アレルギークリニック

宮城県多賀城市中央1-16-8

  • アレルギー内科、小児科
  • 院長

アレルギー科 小児科 内科

専門

アトピー性皮膚炎、じんましん、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アナフィラキシーなどのアレルギー疾患、シックハウス症候群、化学物質過敏症、殺虫剤中毒など、環境中の自然物や化学物質などの環境因子による疾患

角田和彦

角田和彦医師は化学物質とアレルギーを中心に臨床環境医学分野で診療、数百あるアレルギーの原因を突き止め、環境中や食品中の化学物質の影響を調べるため、約200項目に及ぶ問診システムを創案した。アトピー治療の第一人者であり、他の病院で治療困難な患者が多数来院する。小児・大人の両方のアレルギーに対応、きれいな空気と水、体にあった食べ物を患者に奨めアレルギーのない生活へ患者を導く。食とアレルギーの関係についてはマスコミに度々登場して、想定されるアレルギーを解決している。

診療を受けるには

クリニックHPを参照 初診は電話で予約要。事前にホームページから問診票と日記をダウンロードし記載して持参することができる。急患や混み具合等で予約時間より診療が遅れることがある。

医師プロフィール

静岡県出身
1973年4月 東北大学医学部 入学
1979年3月 東北大学医学部 卒業
1979年9月 東北大小児科研修終了
1979年10月 坂総合病院外科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、産婦人科にて勤務
1981年4月 坂総合病院小児科勤務
1984年4月 東北大医学部小児科循環器所属
1986年3月 東北大医学部小児科循環器所属終了
1986年4月 坂総合病院小児科勤務、小児科科長
2004年10月 かくたこども&アレルギークリニック開業

所属学会

日本臨床環境医学会(評議員)、日本小児科学会、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本環境ホルモン学会、環境学会、日本小児循環器学会

主な著書

『アナフィラキシー―原因・治療・予防』(2018年 柘植書房新書)
『もっと知りたい食物アレルギーとアナフィラキシー』(2014年 芽ばえ社)
『アナフィラキシー―対応と予防』(2014年 柘植書房新社)
『角田こども&アレルギークリニックのやさしいレシピ』(2013年 芽ばえ社)
『子どものアレルギー』(2012年 労働教育センター)
『シックハウス事典』日本建築学会編(2011年 技報堂出版)
『アナフィラキシー その対応と予防』(2007年 労働教育センター)
『病院建築におけるシックハウス対策』(2005年エヌ・ティー・エス)
『アレルギーっ子の生活百科』(2005年 近代出版)
『食物アレルギーとアナフィラキシー』(2003年 芽ばえ社)
『暴走するアレルギー-アナフィラキシーに負けない本-アレルギーっ子に贈る生活改善マニュアル』(2002年 彩流社)
『アレルギーと食・環境』(2001年 食べもの通信社)
『暴走するアレルギー「アナフィラキシー」は警告する』(1999年 彩流社)
『食物アレルギーを持つ親の会アナフィラキシー学習会:食物アナフィラキシー-アレルギーが生命を奪う』(1998年 農文協)
『劇症型アレルギー』(1998年 岩波書店)

医師発信欄

(更新日:2019年9月3日)

同じ疾病を専門とする医師一覧