下田照文 医師 (しもだてるふみ)

舞の里内科クリニック

福岡県古賀市千鳥6-11-24

  • 内科・呼吸器科

アレルギー科 呼吸器科 内科

専門

アレルギー、呼吸器

下田照文

アレルギーや気管支喘息について、数多くの論文発表や講演を行う。アスピリン喘息・アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)といった重症例のほか、喘息に関連した治験も積極的に取り組む。喘息患者に対しては、症状が出たときに発作治療薬に頼ることは薦めず、長期的に吸入ステロイド薬を使用することで症状が消失してゆくと説く。「治療の目標は、健康な人と変わらない日常生活を送れるようになること。定期的な薬の服用を忘れず、積極的な行動や運動をしてほしい」と呼びかける。

診療を受けるには

下田医師の外来は、事前にクリニックに要確認。

医師プロフィール

1979年 熊本大学医学部 卒業
1985年 米国南フロリダ大学内科アレルギー部門留学(1年3か月)
1993年 長崎大学医学部第二内科講師
2001年 長崎大学医学部第二内科助教授
2002年 国立療養所南福岡病院臨床研究部長
2004年 国立病院機構福岡病院臨床研究部長(独立行政法人化に伴い病院名変更)
2018年4月 サン・レモリハビリ病院 内科

所属学会

日本呼吸器学会専門医指導医/日本アレルギー学会専門医指導医/米国アレルギー学会会員/ヨーロッパアレルギー学会会員

主な著書

『今日の治療指針 2014年版:アナフィラキシー既往患者の長期管理』(医学書院、東京/分担執筆)
『福岡花粉図鑑Ver.2』(2014年 かもめ印刷 熊本県阿蘇郡/監修・編集)
『喘息図鑑』(2014年 正光印刷、福岡市/監修・編集)
(更新日:2021年11月19日)

同じ疾病を専門とする医師一覧