大田健 医師 (おおたけん)

国立病院機構 東京病院

東京都清瀬市竹丘3-1-1

  • 呼吸器内科・アレルギー
  • 名誉院長

呼吸器科 アレルギー科 内科

専門

呼吸器、アレルギー、特に気管支喘息・間質性肺炎・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・細菌性肺炎

大田健

特に喘息と肺線維症に力を注ぎ、病気の原因の解明に努めてきた。日本アレルギー学会、呼吸器学会の理事などを務め「喘息予防・管理ガイドライン」作成の中心メンバーで、喘息のコントロール状態を重視し「健康な人と変わらない日常生活」を目指す治療を実践。また厚生労働省が提唱する「喘息死ゼロ作戦」の実行指針の作成も担当。2012年4月より東京病院院長に就任後も引き続き特に喘息、COPD、間質性肺疾患で最先端の医療を実践している。同院の呼吸器病棟の規模は国内最大級で、結核、肺がん、COPD、喘息・アレルギー系とすべての呼吸器疾患の治療に対応している。

医師プロフィール

1975年3月 東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院内科
1977年7月 東京大学医学部附属病院物療内科
1980年4月 米国コロラド州コロラド大学医学部留学ナショナルジュイッシュ免疫呼吸器研究センター内科にて研究
1983年6月 東京大学医学部附属病院物療内科助手、
1986年5月 国立病院医療センター呼吸器科出向
1987年7月 東京大学医学部附属病院物療内科
1988年1月 米国コロラド州コロラド大学医学部留学ナショナルジュイッシュ免疫呼吸器研究センター内科にて研究
1989年6月 聖マリアンナ医科大学臨床検査学教室講師、難病治療研究センター室長併任
1992年4月 帝京大学医学部第二内科学教室 助教授
1997年7月 帝京大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー学教授
2012年4月 独立法人国立病院機構東京病院 院長
2018年4月 独立法人国立病院機構東京病院 名誉院長
(更新日:2018年8月10日)