金子正博 医師 (かねこまさひろ)

神戸市立医療センター西市民病院

兵庫県神戸市長田区一番町2-4

  • 呼吸器内科
  • 医長

呼吸器科 アレルギー科 内科

専門

内科一般、呼吸器疾患全般、喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性呼吸不全、アレルギー疾患、病態栄養

金子正博

呼吸器疾患全般、アレルギー疾患、喘息、COPDのスペシャリスト。喘息治療は吸入ステロイド薬が中心。難治性喘息の診療や研究にも取り組み、その成果は高い評価を受けている。救急入院が増加傾向にある慢性呼吸不全増悪時の呼吸管理においては、極力気管挿管は避け非侵襲的陽圧換気(NIV)で対応する。同科はチーム医療、EBM(根拠に基づいた医療)を心がけており、胸部外科や他職種との連携のもと、症例を皆で検討し治療方針を決めている。吸入指導や呼吸リハビリにも力を入れている。

診療内容

金子医師が取り組んでいる難治性喘息は、通常の治療ではコントロールが得られない喘息で、診療にあたっては、喘息以外の疾患の可能性を否定したうえで、真の「重症(難治性)喘息」と、アドヒアランスを始めとする喘息以外の要因により難治化している「治療困難喘息」を区別している。また「重症(難治性)喘息」においては種々の病態が背景にあると考えられることから、表現型(フェノタイプ)に対応した治療を行なっている。「吸入ステロイド薬(ICS)の登場により多くの患者さんが経口ステロイドの長期連用から解放されたが、いまだ高用量のICSに加え各種併用薬によってもコントロール不充分な症例が存在する」と話す金子医師。喘息の発症・経過への心理社会的要因の関与など、学術大会等で難治性喘息の特徴や背景因子について数多くの研究結果を発表し、喘息治療の発展に役立てている。 難治性ではない喘息の治療については「ガイドラインに沿った治療を実践すれば、ほとんどの症例でコントロールが達成できる」と話し、そのために重要なのは「適切なコントロールレベルの評価と、治療のステップアップ・ステップダウンだ」としている。

医師プロフィール

1995年 群馬大学医学部 卒業
1995年 京都大学医学部附属病院 総合診療部 研修医
1996年 島田市民病院 内科 研修医
1999年 医真会八尾総合病院 総合診療部 医員
2002年 神戸市立医療センター西市民病院 呼吸器内科 副医長
2009年 神戸市立医療センター西市民病院 呼吸器内科 医長