千葉茂 医師 (ちばしげる)

旭川医科大学病院

北海道旭川市緑が丘東二条1-1-1

  • 精神科神経科
  • 教授 診療科長

精神科 神経科 内科

専門

精神医学、睡眠医学、てんかん学、老年精神医学

千葉茂

日本睡眠学会認定医として、100種類近い睡眠障害を正確に診断。内科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科との連携診療の中で、どの診療科で治療すべきかを見極める、包括的な役割を担っている。とくに、注目されるのは、「睡眠クリニック」専用のビデオ・ポリソムノグラフィ専用病床の個室2床(精神・行動・生体現象モニタリングシステム)を用いた検査や治療評価。一方、てんかん、せん妄、老年期精神障害など、高次脳機能障害の病態を解明する臨床研究にも取り組んでいる。実験てんかんの分野では、キンドリング現象を用いて、てんかん発作発現に関わる脳幹の役割について、多くの新知見を発表し、北海道知事賞、日本てんかん治療研究振興財団研究褒章を受賞。

診療を受けるには

千葉医師の外来診療は、火曜と木曜の午前。新患診療は予約制。また、他院精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックからの受診希望には、紹介状が必要。千葉医師が担当している【睡眠クリニック】外来の診療は、月曜・火曜・木曜の午後。

医師プロフィール

1979年3月 旭川医科大学医学部医学科 卒業
1984年6月 旭川医科大学大学院医学研究科修了(医学博士)
1997年9月 旭川医科大学医学部精神医学講座教授

所属学会

日本睡眠学会理事、日本てんかん学会理事、日本薬物脳波学会理事、日本てんかん学会北海道地方会会長、その他の精神神経関連学会

主な著書

『サーカディアンリズム睡眠障害の臨床』(2003年 新興医学出版社) 
『脳とこころのプライマリケア第5巻「意識と睡眠」』(2012年シナジー) 
(更新日:2017年3月28日)