脳血管造影検査

 カテーテル(細い管)を頭部にいく動脈に挿入し、造影剤を注入して頭頸部の血管の状態を調べる検査です。
 脳にいく血液の通る頸(けい)動脈の狭窄(きょうさく)や脳動脈瘤(りゅう)などの血管の異常の診断だけでなく、脳梗塞脳腫瘍などで治療方針を決めるためにもおこなわれ、場合によっては検査後に、動脈瘤内にコイルや物質をつめたり、血栓の溶解・除去、ステント(網目状の細い筒)の挿入などの治療もおこないます。

(執筆・監修:自治医科大学 名誉教授/済生会宇都宮病院 超音波センター長 谷口 信行)