おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)〔おむつひふえん〕

 赤ちゃんの外陰部からおしりにかけて、はじめはまだらに淡く赤くなり、やがて隆起した小さな湿疹になり、ひどくなると全体にまっ赤になって、皮がむけてきます。尿や便、汗が刺激になって炎症を起こしてくるものです。
 こまめにおむつを取り替えるようにし、せっけんでよく洗います。洗ったあと、すぐおむつをせずに、乾燥させるのもよい方法です。湿疹がひどいときは、抗炎症薬の軟膏(なんこう)や、副腎皮質ステロイド薬の軟膏を塗ります。
 カンジダなどの真菌感染を起こしていることもあります。湿疹を起こしている部位の周辺の輪郭を取り囲むように、赤い小さな丘疹(きゅうしん)ができていて、中心はそれほど赤みがないときは疑います。抗真菌薬の軟膏やクリームを使います。真菌感染にステロイドホルモンを塗ると、わるくなります。
医師を探す