急性胃炎〔きゅうせいいえん〕

 急性胃炎の原因は急激な物理的・化学的な刺激による胃粘膜の炎症による障害であり、さまざまな原因があり胃の病気のうちでもっとも多いものの一つです。暴飲暴食、過度の飲酒、精神的・肉体的ストレス、手術後、香辛料など刺激物のとり過ぎ、薬品を誤ってのんでしまうことなどで起こることが多いのですが、かぜなどのウイルス感染に伴って起こることや、卵・サバ・カニなどの食物アレルギー反応の一部としてあらわれることもあります。

[症状]
 暴飲暴食や過度の飲酒などの原因が加わったあと数時間から1日以内の間にみずおちから上腹部の不快感、圧迫感、吐き気、痛みなどが生じます。なにか原因となる食べ物や薬の服用がなかったかを考えてみてください。
 胃粘膜の障害が高度の場合には上腹部の激痛や嘔吐(おうと)、吐血を起こすこともあり、緊急的に内視鏡検査が必要となりますので、内視鏡検査のできる専門医を受診してください。胃潰瘍・十二指腸潰瘍急性膵(すい)炎急性胆嚢(たんのう)炎、急性虫垂炎などとまちがわれることもあります。

[治療]
 軽症であれば制酸薬、H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、胃粘膜保護薬などの通常の潰瘍治療に準じた薬剤を服用することによって数日でよくなります。
 痛みが激しい場合や少しでも吐血があったら緊急に消化器専門医を受診して内視鏡検査を受けてください。内視鏡検査の結果、潰瘍が深かったり、出血がみとめられたりした場合には入院、絶食、点滴治療が必要となることもありますので、けっして胃炎といって楽観視してはいけません。
医師を探す