胃ポリープ・胃腺腫〔いぽりーぷ・いせんしゅ〕

 ポリープということばは一般の人々にも広く知られていることばで、「良性」であるという認識が定着していますが、その本来の意味は「粘膜が局所的に隆起した病変」であり良性・悪性の両者を含む考えかたです。
 胃のポリープの90%以上は過形成性ポリープと呼ばれるもので悪性化してがんになることはきわめてまれです。これに対して残りの10%以下のポリープは腺腫と呼ばれるもので、その発生原因は過形成性ポリープとは異なり、時に悪性化することがあり注意が必要です。
 また、早期胃がんのなかには隆起した形態をとるものがあり、がんと紛らわしいときには内視鏡で切除して病理組織学的検査をおこないます。大腸のポリープは過形成性ポリープではなく腺腫であることが多く、大きくなるとがん化することが知られており、積極的なポリープの切除(ポリペクトミー)がすすめられます。これに対して、胃のポリープはがん化することがまれであり、必ずしも積極的に内視鏡で切除する必要はなく定期的な経過観察でも十分です。胃のポリープにはあまり神経質になる必要はありません。
医師を探す