急性胃粘膜病変(AGML)〔きゅうせいいねんまくびょうへん(えーじーえむえる)〕

 急性胃粘膜病変(acute gastric mucosal lesion:AGML)とは、以前から出血性びらん(ただれ)、急性出血性胃炎、急性潰瘍などと呼ばれていた胃の粘膜障害による出血性の病気の総称で、病気の性格や治療法などが類似しているためにこのように一括して考えられ、治療されることが多くなっています。
 急性胃粘膜病変のなかでも重症化し、緊急に内視鏡検査や治療を必要とすることが多い最大の原因は鎮痛薬(非ステロイド系消炎鎮痛薬:NSAIDs)の長期服用です。鎮痛薬が胃粘膜の重篤な障害の原因になることは一般の人にはあまり知られておらず、必要以上の鎮痛薬の慢性的、習慣的な服用には注意しなければなりません。そのほかの原因としては、精神的ストレスや手術・外傷・熱傷によるストレス、副腎皮質ステロイド薬などの薬剤、アルコール・香辛料などのとり過ぎなどがあります。

[症状]
 突然、上腹部の不快感、痛みなどが生じます。しばしば潰瘍性病変からの出血を伴うために吐血・下血などを起こします。早期に内視鏡検査が必要となりますので内視鏡検査のできる専門医を受診してください。

[治療]
 原因となった食物や薬物がわかればこれをまずやめて原因の除去をおこないます。薬物治療としては、症状が軽ければ急性胃炎治療に準じて制酸薬、H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、胃粘膜保護薬などを服用すると数日でよくなります。
 吐血・下血がみとめられた場合や痛みが激しい場合は急いで消化器専門医を受診して早めに内視鏡検査を受けてください。内視鏡検査の結果、潰瘍が深く、出血がみとめられた場合には入院し絶食のうえ、消化性潰瘍治療に準じてH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬、止血薬の投与がおこなわれます。
 急性胃粘膜病変と急性胃炎はたがいに類似した病気で、急性胃炎を急性胃粘膜病変に含める考えかたもあります。急性胃粘膜病変という病気の概念は海外で提唱されたもののため、このような分類上の多少の混乱をきたしているのかもしれませんが、いずれの場合も治療は潰瘍治療に準じておこなわれます。
医師を探す