鼠径ヘルニア〔そけいへるにあ〕

 子どもと高齢者に多く、ヘルニアの代表です。陰嚢(いんのう)の上のところ、つまり、ふとももと腹の境あたりが異常にふくらんで、この中へ、腸やそのほか腹腔(ふくくう)の中の臓器が出てくる状態をいいます。この部分の腹壁は、構造からいっても抵抗が弱いので、腹膜がふくろのように皮膚の下にふくれてとび出してきて、やがてヘルニアとなります。
 立ったり腹に力が入るとき(たとえば排便やせき)に腹腔内の腸や卵巣がヘルニアのふくろの中に脱出してきて“ふくらみ”をつくりますが、腹の力が抜けたり横になって安静にしていると、脱出臓器は自然に腹腔内に戻ります。ですから、鼠径部の“ふくらみ”におどろいて病院を救急受診したときには、すでに自然に腹腔内に戻っていて“ふくらみ”が消失していることがよくあります。
 はじめは鼠径部にあらわれているだけですが、大きくなると、陰嚢の中にまで達します。この状態は、子どもの場合は通常先天的なものですが、成人の場合は先天的な場合と、腹壁の筋肉などが弱ったことによる後天的な場合があります。
 このように腸がふくろの中に入ったり、戻ったりしている間は心配ありませんが、ふくろに入り込んだ腸がふくろの入り口で締めつけられて簡単に戻れなくなると、出た腸はむくみのためにますます大きくなって、腸へいっている血管が押しつけられ、血が通らなくなるため、ついには腸がくさる(壊死〈えし〉といいます)ようになります。このように、出た腸がもとに戻らなくなった状態を“ヘルニアの嵌頓(かんとん)”と呼んでいます。
 恐ろしいのは、この嵌頓です。嵌頓状態のとき、いろいろ試みても腸がもとに戻らない場合は急いで手術しないと、腸がくさって不幸な結果を招きます。特に、患者が吐き始めたら腸閉塞(イレウス)の状態であり、ぐったりしたらかなり症状が重く、状態がわるくなったものと考えなければなりません。
 ヘルニアのある子どもが急に不きげんになって腹の痛みをうったえたら、まず最初にヘルニアのところ(鼠径部)を確かめる必要があります。いつ嵌頓を起こすかわかりませんので、外科医が近くにいる場合には心配ありませんが、そうでなければ不安です。ヘルニアは嵌頓したときではなく、ふだん健康なうちに治すのがいいでしょう。


[治療]
 ヘルニアに対する手術(ヘルニア根治術)は安全で確立された術式ですので、基本的には手術治療が有効です。しかし、新生児や生後3カ月までの乳児では手術に必要な麻酔の手技や手術手技は比較的むずかしく、6カ月以上までまってからの手術のほうが安全かつ確実でしょう。1歳ころまでにヘルニアが自然に消失してしまうことも2割ほどの患児にみられますので、嵌頓にならないかぎりは新生児・乳児期の手術は避けたいものです。
 成人の場合は、ヘルニア門(腹腔からの出口)がどんどん拡大していくので、発見されたらなるべく早く手術を受けるべきです。また70歳以上の高齢者にも手術が可能です。

■手術法
 小児の場合にはヘルニアのふくろをヘルニア門で縫い閉じるだけで十分で、ふくろを切りとる必要はありません。
 ヘルニア門のまわりの組織が老朽化して弱くなっている高齢者では、従来はヘルニアのふくろを切りとり、その上を筋肉や筋膜で押さえる補強術を加え再発を防ぐ方法がとられてきました。しかし、この補強法では術後に患部のつっぱりをうったえる患者がしばしばみられ、最近ではヘルニアのふくろを切除せず、プラグをヘルニアのふくろに挿入して腹腔内に内反させ、補強として筋肉や筋膜の代わりにメッシュ(人工の補強材)を縫着(ほうちゃく)するメッシュプラグ法が多くの施設でおこなわれています。この方法は術後のつっぱり感がないばかりでなく、再発率も低いと報告されています。
 手術のあとは1週間で治りますが、1カ月くらいは運動、ことにおなかに力の入るようなことは避けたほうがよいとされています。手術したあとで再発する確率が1~10%程度あり、再発した場合は再手術が必要です。
 最近ではヘルニアの手術を日帰り、または1泊の入院でおこなっている施設もあります。この日帰り手術は短時間の入院ですみ、費用も安くなるため画期的な制度ですが、いっぽうで術後の疼痛(とうつう)の強い時期に帰宅し、その後も消毒に通院するわけですから家族の多大な協力が必要となります。患者と病院がよく話し合いをして、もっとも適切な方法で手術を受けるべきでしょう。

■嵌頓したときに、してはならないこと
 嵌頓した場合には、ただちに治療を受けなければなりません。しかし、すぐ近くに外科医がいないときには、脱出した腸をもとに戻すことを試みます。
 ただし、嵌頓してから時間がたったものは、腸がくさっている心配があり、くさった腸をおなかへ戻すとたいへんなこと(急性腹膜炎)になりますので、なんとしても手術のできるところへ運ばなければなりません。
 嵌頓した腸を戻すには、患者を寝かせ、骨盤のところをすこし高くし、両足を開かせたのち、いっぽうの手で、入った腸がふたたび出てくることを防ぎながら、他方の手で、すこしずつ押し込みます。腸がもとに戻るときにグルグルという音がして、はれていたところが平らになります。このとき、無理をして押し込むことは危険です。
 この方法を1回やって、腸が戻らなければ、一刻も早く医師を訪れます。戻った場合も、念のため受診したほうがよいでしょう。手遅れになると死亡することがあります。一度嵌頓したら、たとえもとへ戻っても手術をしておくべきです。

■脱腸帯(ヘルニアバンド)
 脱腸帯は効果のないことが多く、これで治ることはありません。しかも、腹腔内に腸が完全に戻っていないときには、その上から脱腸帯をかけて押しつけると腸がくさることがあります。小児の場合にも効果は疑問で、むしろ脱腸帯によってむれるために皮膚炎を併発することがあり、やはりすすめられません。治療の第一は手術です。できるだけ早く、病院を受診することをすすめます。
医師を探す

関連トピックス