石灰沈着性棘上筋腱炎〔せっかいちんちゃくせいきょくじょうきんけんえん〕

 肩の腱板(けんばん)に石灰沈着する急性炎症で、発症時は夜も眠れないほど疼痛(とうつう)が強いのが特徴です。X線検査で腱板に石灰沈着がみられます。
 消炎鎮痛薬内服、副腎皮質ステロイド薬の肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)注射が有効です。急性期には石灰の穿刺(せんし)吸引もおこなわれます。石灰は炎症の消退とともに吸収される傾向にあります。
医師を探す