リウマチとは

 リウマチということばは、ギリシャ語の「流れ」という意味のことばに由来しています。むかしは、からだの中のわるい液体が関節のすきまなどに入って痛みを起こし病気になると考えられていました。最初にリウマチという名前がつけられた病気はリウマチ熱と考えられます。そして、その後、関節リウマチがリウマチ熱と非常に似ていることから、リウマチ様関節炎と呼ばれるようになりました。
 いっぽう、筋肉や骨・関節になど運動器と呼ばれる部分に痛みやはれなどの障害をもたらす病気は「リウマチ性疾患」という大きな範疇(はんちゅう)に含められます(下表)。

●関節痛(炎)をきたす疾患(広義のリウマチ性疾患)
膠原病関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性硬化症(強皮症)、多発性筋炎・皮膚筋炎、結節性多発動脈炎、シェーグレン症候群、混合性結合組織病(MCTD)、抗リン脂質抗体症候群、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、巨細胞性動脈炎、多発血管炎性肉芽腫症、顕微鏡的多発血管炎、若年性特発性関節炎、成人スチル病、ベーチェット病、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、ライター症候群、サルコイドーシス、ウェーバー・クリスチャン病、リウマチ性多発筋痛症など
変形性関節疾患変形性関節症(炎)
感染症細菌症、リケッチア、ウイルス、真菌、寄生虫など
 代謝性・内分泌的・生化学的異常疾患痛風、偽痛風、血友病、壊血病、ヘモグロビン病、甲状腺機能低下症、糖尿病、ヘモクロマトーシスなど
外傷性
腫瘍性滑膜腫、骨腫瘍、白血病、骨髄腫など
その他神経病性関節症、ファブリー病、マルファン症候群、エーラース・ダンロス症候群、色素沈着性絨毛結節性骨膜炎、血小板減少性紫斑病など


 つまり、リウマチ性疾患とは運動器に障害を起こす疾患の総称で、関節リウマチを含む膠原(こうげん)病はいずれもこのような症状がみられますので、「リウマチ性疾患」のなかにすべての病気が含まれます。膠原病以外では、痛風や加齢で起こる変形性関節症などもこの範疇に含まれます。
医師を探す