膠原病とは

 膠原(こうげん)病は一つの病気ではなく、いくつかの病気を総称したものです。すなわち、膠原病に含まれる病気にはいくつかの共通性がみられるのです。
 その一つは、関節や筋肉に痛みやこわばりがみられることで、このような症状をみる病気はリウマチ性疾患という範疇(はんちゅう)に含まれます。もう一つは、身体の結合組織というところに炎症性の病変がみられることで、このような病変をみる病気は結合組織疾患という範疇に含まれます。さらに、自分の組織や成分に対して異常な免疫反応が起こり、自分の体を攻撃することで、自己免疫疾患と呼ばれる範疇に含まれます。これらの相互関係を図に示します。

 そのほか、遺伝病ではないこと、感染症ではないこと、悪性腫瘍(がん)ではないこと、副腎皮質ステロイドが効くこと、抗菌薬が効かないことなどが共通点としてあげられます。このため感染症が原因であることがわかったリウマチ熱は、膠原病の分類からはずれることになりました。
 現在、膠原病には、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性硬化症(強皮症)、多発性筋炎・皮膚筋炎、シェーグレン症候群、混合性結合組織病(mixed connective tissue disease:MCTD)、結節性多発動脈炎(結節性動脈周囲炎)、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)、成人スチル病などの病気が含まれます。
医師を探す