手術の副作用

 日本における人工妊娠中絶手術による母体死亡はほとんどありません。いっぽう、副作用や合併症はまれとはいえ起こりえます。麻酔の事故、子宮壁を傷つけたり子宮壁に孔(あな)があいてしまうこと(穿孔〈せんこう〉)や出血、感染症などですが、きわめてまれに異所性妊娠の見落としもあります。中絶したために不妊症になる可能性は少ないのですが、妊娠が進んでからの手術は、初期に比較して感染症を起こしたり、その後、妊娠した際に流産しやすくなったりすることもあります。手術を軽くとらえず、母体保護法の指定医師に施術してもらうのはもちろんですが、しっかりとした医療機関を選びましょう。
 避妊をしないでセックスをすれば妊娠する可能性があるのですから、妊娠を希望しない場合は必ず避妊法の施行を徹底することが重要です。
医師を探す