子ども虐待について

 子ども虐待が増加しています。育児のストレス、生活のストレスが子どもに向けられています。子どもに暴力を振るってしまう、イライラして育児ができない、子どもがかわいくないなどという場合は、まず児童相談所に電話してください。泣きやまない乳幼児を前後に強くゆすると、脳に出血などの重大な損傷を与え、助かっても重い後遺症を残します。乳幼児を強くゆすることは重大な虐待ですので、けっしてしないでください。
 小児科医や健康福祉センターへ電話してもけっこうです。どこにせよ、まず、電話で援助を求めてください。援助が必要なのは、子どもだけではなく、親も援助を得る権利があり、必要です。
 子ども虐待は母親が虐待する場合、父親が虐待する場合、家族全員が虐待する場合などさまざまです。近所で、子どもの異常な泣きかたが常時聞こえる、子どもがいるはずなのに姿が見えない、子どもがきちんとケアを受けていないように見えるなど、虐待を疑ったら、児童相談所に電話をしてください。通報した人に迷惑はかかりませんし、通報は法律で義務づけられた社会人としての義務です。子どもは社会全体で守るのが鉄則です。
医師を探す