からだを清潔にする方法

 療養者にとってからだの清潔は、次のような効果があります。
・体温調節をおこなったり、皮膚からの細菌の感染を防ぐという、皮膚の重要なはたらきを保ちます。

・血行をうながし、代謝を促進します。

・筋肉の疲れや緊張を緩和し、筋肉の萎縮(いしゅく)や、関節の運動障害を防ぎます。

・気分をさわやかにし、回復意欲をうながします。

 からだを清潔にするには、入浴やシャワー、からだをふくなどの方法がありますが、病気の状態や病人の状態に合わせて方法を選択します。
 入浴、シャワー浴前は、発熱、呼吸困難や疲労の有無、血圧をチェックし、異常のあるときや、体調のわるいとき、食後1時間以内、もしくは空腹時は避けましょう。また、入浴やシャワー浴、からだをふくときには、室温、湯温を調節しておこないましょう。入浴回数のめやすは、いつも床に着いている人は、週1回、寝たり起きたりしている人は、週2回、ほとんど起きている人は週3回程度です。

■入浴方法
1.脱衣して浴室に入ります。このとき、滑って転ばないように、足もとに注意しましょう。立位や歩行の不安定な人は、ひざやしりをつけたまま進んで、浴室に移動するほうが安全でしょう。

2.湯温を確認し(40℃±2℃)、足もとからすこしずつお湯をかけ、下半身、陰部を洗い流し、全身にかけ湯をします。

3.浴槽の出入りは、椅子や腰掛などを利用し、無理なく安全に出入りができるように、工夫しましょう。

 まひがある場合は、健常側から浴槽に入ります。まひ側は、知覚のまひにより、お湯の温度が高くても、熱さを感じにくくなっていることがあります。
 また、まひ側で、からだを支えようとすると、バランスをくずし転倒することもありますので、まひ側から、浴槽に入るのは避けましょう。入浴中は健常側の手で、浴槽のふちをもち、足を浴槽の壁につっぱり、バランスをくずさないようにします。
 介護保険の給付を受けると、シャワーベンチや浴槽手すり、バスボードなど、入浴用の介護用品が、1割負担(人によっては2割)で入手できます。必要ならば、介護用品を使って安全に楽に、入浴できるよう工夫をします。

4.3~4分後、浴槽であたたまったら(体調によって短縮したり、やめることもある)、髪を洗い、タオルで水分をふきとり、その後、からだをせっけんで洗います。
 からだを洗うときは、末端からからだの中心に向かって、マッサージするように洗い、血行をうながします。足は、特にあかがたまりやすいので、ていねいに洗います。皮膚の状態によって、タオルを使わずに、手で洗うなどして、過度な刺激を避けるように工夫します。

5.せっけんをよく洗い流し、浴槽で1~2分あたたまります。

6.浴槽から出て、十分に水分をふきとります。

7.入浴後は汗が多く出るので、水分補給をします。
 介助者はぬれてもいい服装で洗い場で見守るか、脱衣所で見守ります。

■シャワー浴
 シャワーがある場合には、椅子に座っていられる人なら、無理なくシャワー浴ができます。浴室に、ぬれてもかまわない椅子や、シャワーベンチを置き、手すりなど、つかまるところをつくっておきます。
 入浴時と同じように浴室をあたためておきましょう。

■からだをふく(清拭)
1.室温を調節します。

2.50℃くらいの熱めのお湯を用意します。

3.洗面器を2つ用意し、せっけん用、ふきとり用に使い、それぞれにタオルを入れ、お湯を注いでおきます。

4.からだにタオルケットをかけ、ふく部分だけを露出させます。

5.タオルを絞り、せっけんをつけ、からだをふきます。

6.ふきとり用に用意したタオルを絞って、せっけん分をきれいにぬぐいます。

7.ふき終えたら、乾燥したタオルで湿気をとり除きます。乾燥しやすい部分にはクリームや乳液をつけておきます。湿潤しがちな部分はよく乾かしましょう。

8.背中やおしりなど、床ずれの生じやすい部分は、皮膚に傷やはれ、ただれがなければ、マッサージをすると、循環がよくなって、床ずれの予防にもなります。


9.陰部は汚れやすく、不潔にすると、膀胱(ぼうこう)炎などの感染症を起こす可能性もあるので、ふく以外にも、洗い流す方法が効果的です。おしりの下におむつを敷き、タオルにせっけんをつけて、洗ってからお湯で流します。洗ったあとは、十分に水気をふきとって、湿った状態で、下着をつけないように注意しましょう。

■足浴
 足はふくよりも、お湯に足をつけて洗うほうが、お風呂に入ったような気分で、気持ちのよいものです。

1.ビニールシーツの上にバスタオルを敷き、お湯の入った洗面器に、両足をひざを立てた状態で入れます。

2.せっけんで指の間もよく洗い、タオルで水分をふきとり、パウダーやクリームをつけます。

■頭髪の清潔
 髪は洗い流すのがいちばんです。洗髪には、洗髪用パッドを用いるか、清潔な紙おむつ(水分の吸湿性がよい)を、頭の下に敷いておこなうことができます。

 また、髪が洗えない状況では、ドライシャンプーで、頭髪の清潔を保つこともできます。病状が安定していれば、1~2週間に一度は髪を洗いたいものです。

□洗髪
・準備するもの…お湯(40℃ぐらい)、洗髪用パッド、やかん、汚水を受ける洗面器あるいはバケツ、タオル、ビニールシーツ、シャンプー、ヘアリンス、ブラシ、ドライヤーなど

・方法…ふとんがぬれないように、肩から頭にかけて大きめのビニールシーツを敷き、その上にバスタオルを敷いて、洗髪用パッドを置きます。洗髪用パッドの先端を、汚水受けの洗面器かバケツに入れておきます。このとき、ある程度の落差が必要なので、ふとんが薄い場合は頭の部分に、座ぶとんを入れて高くします。洗髪用パッドのふちに、くびが乗るようにして、頭髪の部分を中に入れます。
 頭髪全体を十分にぬらし、シャンプーを手のひらにとり、洗います。髪が汚れている場合は、2度洗いします。やかんに入れたお湯を、頭髪にかけてすすぎます。ヘアリンスで、頭部をマッサージし、お湯をかけて、よくすすぎます。洗髪パッドをはずして、下に敷いてあったバスタオルで、頭部をふき、水分を十分に取り除きます。ブラッシングしながら、ヘアドライヤーで乾かします。


□紙おむつを使う簡易シャンプー
・準備するもの…お湯と水、紙おむつ2枚、バスタオル2枚、ビニールシーツ

・方法…ビニールシーツの上にバスタオルと紙おむつを敷き、まずお湯をかけ、1枚目の紙おむつをはずします。シャンプーで洗い、バスタオルで泡をふきとります。水で洗い流し、2枚目の紙おむつに吸収させ、最後に、バスタオルでふきとります。


□ドライシャンプーを使う
・準備するもの…タオル2枚(頭の下に敷くタオル、頭髪をふくタオル)、ドライシャンプー、熱めのお湯を入れた洗面器、ブラシ

・方法…頭の下に、バスタオルを敷きます。蒸しタオルで頭髪全体を包み、ドライシャンプーを、頭髪全体にまんべんなくつけます。あたためたタオルで、ドライシャンプーをきれいにふきとります。

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会