床ずれの予防と手当て

 床ずれ(褥瘡〈じょくそう〉)の多くは、皮膚が圧迫され、その部分の皮膚組織に十分な血液がゆきわたらなくなり、発赤やびらん、壊死(えし)が起こる状態のことです。そのままにしておくと、皮膚の奥のほうまで壊死が進み、時には骨にまで達することもあります。
 床ずれは、皮膚に傷ができた状態ですから、なにもせず不潔にしていると、細菌感染を起こし、発熱やひどくなると敗血症を起こすこともあります。寝たきりで、からだを動かさないと、1日で臀(でん)部、腰、かかとなどに、床ずれができることもあります。
 いちばん大切なことは、床ずれをつくらないように、予防することです。床ずれができてしまうと、本人の苦痛に加え、介護する側の負担も大きくなります。

■床ずれができやすい状況
・自分で寝返りができず、からだの1カ所に圧力がかかりやすい(血液の循環がわるくなる)。

・食事がとれないことで、十分な栄養摂取ができない(全身状態がわるくなる)。

・長時間の臥床(がしょう)や、紙パンツ(おむつ)の使用で皮膚が湿潤し、不潔になる(細菌が繁殖しやすい)。

・むくみや貧血がある(皮膚の抵抗力が低下する)。

・からだを動かす際の外的な力で、皮膚に摩擦を与える(皮膚を傷つける)。

■床ずれのできやすい部位
 寝ている姿勢のときに、からだの重みが集まる図のような箇所に床ずれができやすいです。

■床ずれの予防法
□からだの1カ所に長時間圧力がかからないようにする
 できれば2時間おきに、からだの向きを変えます。エアーマットや無圧ふとんを使います。特に床ずれのできやすい部分には、褥瘡予防パッド、ポリウレタンフォームなどのドレッシング材、ビーズクッション、ムートンの敷物など、床ずれの防止用具を利用するとよいでしょう。

□血液の循環をうながす
 からだをふいたり、紙パンツ(おむつ)を交換する際は、床ずれのできやすい部分をすこし熱めのタオルで温湿布します。皮膚が乾燥していると、摩擦によって傷つきやすくなるので、清拭(せいしき)や入浴のあとは、保湿のためのクリームを塗ります。
 床ずれのできやすい部位に円座を使ってはいけません。周囲の皮膚が引っ張られたり圧迫されたりして、血行がわるくなってしまいます。

□しっかりと食事・水分摂取をおこなう
 貧血、低たんぱく質によるむくみ、脱水などは、皮膚が弱くなるため、食事をしっかりととる必要があります。一度にたくさん食べられない場合は、おやつにヨーグルト、プリンなどを食べると水分、たんぱく質の補充になります。

□皮膚がむれないようにする
 紙パンツ(おむつ)は、ぬれたらすぐに交換します。尿取りパッドだけがぬれている場合には、パッドのみ交換しましょう。汗をかいたら、こまめに寝巻きをとり替えることです。

□摩擦・皮膚への刺激を避ける
 からだを動かすときに、皮膚をこすらないようにします。シーツや寝巻きのしわをつくらないようにします。介護者は、爪を短く切っておくことが必要です。

□皮膚を清潔に保つ
 寝たきりであっても、入浴(入浴サービスの利用)、清拭(せいしき:からだをふくこと)などで、からだの清潔を保ちます。紙パンツ(おむつ)が汚れたら、早めに交換し、汚れがひどいときは、陰部を人肌程度のお湯で洗います。

■床ずれの手当て
 床ずれは、その状態によって手当ての方法が違います。主治医や訪問看護師に相談し、できるだけ早く、適切に手当てします。

□皮膚が赤くなる
 指で押しても赤みが消えない場合は、初期の褥瘡です。赤くなっている部分をこすったりマッサージをしないようにします。ぬるま湯で流して皮膚を清潔にして、しっかり水分をふきとります。同じ部位に圧力がかからないように、姿勢の向きをととのえましょう。

□皮膚が剥離し(むけて)、ただれてしまった場合
 消毒薬や軟膏(なんこう)などの薬剤を使う前に、医師や訪問看護師に診てもらい、手当ての方法を確認しましょう。多くの場合は、ぬるま湯で洗い流し、軟膏を塗るなどの手当てをします。消毒液を使う場合は、綿棒などにつけて、剥離(はくり)した部分をこすらず、軽くたたくように消毒します。消毒後は、消毒薬が残らないように、ぬるま湯か生理食塩水で流します。
 患部には清潔なガーゼや、医師から処方されたアズレンなどの薬剤や、ドレッシング材を当てます。滲出(しんしゅつ)液が多いときは、皮膚の消毒と滲出液の吸着を兼ねた薬剤を塗布すると、効果的な場合があります。
 剥離した部分が黒くなっている場合は、乾燥して治りかけているように見えるかもしませんが、その下の組織が壊死(えし)している場合が多いので、主治医や訪問看護師に診てもらいます。

□潰瘍・壊死になった場合
 潰瘍になると、皮膚の深くまで血液の循環が障害されています。場合によっては、医師に壊死(えし)部分の切除をしてもらわなければなりません。患部は、細菌感染しやすい状態ですから、清潔を保ち、毎日手当てをします。
 手当ての方法は、いくつかありますので、医師や訪問看護師の指示に従ってください。1日2、3回おこないます。
 患部に、うみや壊死組織がある場合は、微温湯(ぬるま湯)をかけながら、清潔なガーゼできれいにします。多少出血しても心配ありません。
 患部を洗浄後、処方された薬(抗生物質、壊死組織を融解する軟膏など)を塗布し、清潔なガーゼを当てます。滲出液が多い場合は、ガーゼの上にさらに適当な大きさに切った紙パッドを当てておきます。
 改善してくると、肉芽(にくげ:新しくできあがった組織)が形成されてきます。この状態では、表面を乾燥させずに、湿潤を保つことが大切になるので、ドレッシング材を使います。潰瘍や壊死を起こした床ずれは、治癒するまでに数カ月かかることもあります。