食事の援助

 食事は、病気回復のためにもっとも重要な意味をもっています。食事が進むにつれて、全身状態がよくなってくることが、介護をするなかでしみじみと感じられるのではないでしょうか。
 健康なときには、食事は楽しみの一つでもありますが、病人にとっては必ずしもそうとは限りません。食事にはさまざまな援助、工夫が必要になります。
 理想的な食事の要件には、必要なエネルギー量をとること、バランスのとれた栄養素(糖質、たんぱく質、脂質、ミネラル〈無機質〉、ビタミン)をとること、消化・吸収のよい食品をとることがあげられます。
 病気によってはいろいろな食事制限が加わります。食欲は精神的な要素(不安や心配などのストレス)や視覚、においなどの影響を受け、理想的な食事摂取ができないことが多いものです。
 食欲のないときには、栄養のバランスよりも食べたいもの、食べられそうなものをすすめたほうがよく、無理やりすすめると逆効果となることもあります。
 しかし、1日の必要なエネルギー量と水分を最低限とらないと低栄養・脱水の問題も起こります。特に高齢者と子どもは体内に水分を蓄えておくことができないため、脱水になりやすいのが特徴です。
 食べたくないと思って食べない状況が続くと、悪循環でますます食欲を失います。好きなもの、飲み込みやすいものをすこしでも口にして食べられるきっかけをつくってみましょう。
 水分は1日どのくらい飲んだかの記録をつけておくと、脱水を予防できます。めやすは最低でも1000~1500mLとします。ミネラル(無機質)やビタミンの含まれたスポーツドリンクをすすめるのもよいでしょう。
 治りたいという希望を失っているときは、食事はなかなかすすまないものです。こころの面で励まし支えることも食事への大切な援助です。
 また、療養者の食事をつくるときに、特別な献立にすることは経済的にも時間的にも負担となるため、なかなか長続きしません。長続きのコツは、できるだけ家族と同じ献立のなかで工夫をすることです。たとえば、家族の食事をこまかく刻んだり、煮込んだり、一部をとって薄味にする工夫です。市販の介護食やベビーフードも使いやすく、食べやすいものが多く出回っています。活用をおすすめします。

□食事援助の原則
・できるだけ上半身を起こして、食べやすい体位にします。
・食事の前は手をふき、口もうがいをするとさっぱりします。
・ベッドの場合はサイドテーブルや折りたたみのちゃぶ台などに食膳を置き、できるだけ自分で食べるように援助します。食べものがこぼれても心配ないようにタオルやエプロンを当てておきます。
・自分で食べることができないときは、ゆっくりと1口ずつ、むせないように気をつけて食べさせます。
・食事のときは楽しい雰囲気になるよう心掛けます。
・介護者は義務的にならず、相手を思いやる余裕をもつようにします。
・むせやすい場合には、食事にとろみをつけたほうが、むせずに飲み込みやすくなります。介護用のとろみつけの粉末や片栗粉を使ってとろみをつけることができます。